宅配弁当のまとめ記事

高齢者向け宅配弁当の人気比較ランキング-口コミ&評判と両親の感想など

 

どうも!

こせたんです。

僕は宅配弁当が大好きで、家でほぼ毎日宅配弁当を食べてます。

 

高齢の両親にも宅配弁当を食べてもらうこともあるのですが、イマイチ反応が良くないことが多いです。

意外に味にうるさいというか、こだわりを持っているというか・・・

 

その辺りのことを分析しつつ、食生活アドバイザーの資格を持つ僕が、高齢者に向いている宅配弁当や食事宅配のランキングを作ってみました。

冷凍でストック可能なお弁当から、コープの宅配弁当・ワタミの宅食・セブンミール・まごころ弁当など有名どころまで詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

高齢者向け宅配弁当ランキング⇒

 

高齢者向けの宅配弁当を選ぶ基準は?

高齢者向け宅配弁当人気ランキング・選ぶ基準

ワタミの宅食・まごころおかず「銀ヒラスのこうじ焼き」。ワタミの宅食は高齢者寄りのおかず内容です。

 

高齢者向けの宅配弁当を選ぶためには、次のような基準があります。

高齢者向けの宅配弁当の基準

  • 食べやすさ・やわらかさ
  • 味付け(薄味か・辛いか・脂っこいか)
  • 容器があつかいやすいか・レンジで温めやすいか
  • 冷蔵の宅配弁当か、冷凍弁当

このように、高齢者向けの食事宅配をしてくれる宅配弁当を選ぶ基準はいくつかあります。

簡単に言えば、高齢者でも食べられるお弁当かどうかです。

一般的には、このような基準で高齢者の方は宅配弁当を選ぶべきなのですが・・・

 

ですが、実はこれらのことは大きな問題ではないです。

重要なことは、それぞれの高齢の方に合わせて選ぶことです。

 

「お年寄り向け」が必ずしも正解ではない

高齢者向け宅配弁当ランキング

コープデリの「舞菜弁当」。コープの宅配弁当は万人向けですが、お年寄りでも食べやすいです。

 

高齢者が食べるお弁当は、必ずしもやわらかい方が良いわけではありません。

もし食べられるならば、普通の宅配弁当の方が絶対にいいです。

やわらかいおかずばかり食べていたら、かむ力が弱まって、もっとやわらかいおかずしか食べられなくなるからです。

周りがお年寄りか使いするから、当人もそうなってしまうんです。

そもそも、少し歯ごたえのあるおかずが好きな高齢者の方だっているかもしれません。

 

同じように、味が濃いおかずが好きな高齢者の方には、塩分量が計算されている範囲内で、濃いめの宅配弁当の方が喜ばれるはずです。

 

また、宅配弁当の容器は色々なものがあります。

高齢者に最適な宅配弁当・ウェルネスダイニング

ウエルネスダイニング「かに玉弁当」。ウェルネスダイニングの容器は温めやすく使い安いです。

宅配弁当の容器は、レンジでの温めやすさや食べやすさに直結するので、高齢者でも使いやすいようになっているかどうかは重要です。

ですが、器用な高齢者の方ならば、わざわざ容器や温めやすさを基準に宅配弁当を選ぶ必要はないかと思います。

 

「おかずの硬さ」「味付け」「容器の使いやすさ」は、それぞれお年寄り向けになっている宅配弁当も多くあります。

ですが、利用する高齢者の方の好みや能力に合わせて、必要な時のみ「高齢者向け」を選ぶべきです。

 

最近の宅配弁当&冷凍弁当はどのメーカーも食べやい

最近の宅配弁当や冷凍弁当は、ほとんどのメーカーのものが食べやすく作られています。

宅配弁当メーカーは高齢者ユーザーを重要視しているからだと思われます。

 

なので、わざわざ「高齢者でも食べられる宅配弁当は?」と探す必要はあまりないかもしれません。

一部の若い人向け(又はダイエット用)の宅配弁当&冷凍弁当さえ避ければ、どのメーカーのものも、高齢者でも問題なく食べられるかと思います。

(僕の両親も、僕が注文した宅配弁当の中で「これは食べられない」というお弁当はほぼなかったです。少なくとも、このページに出てくるものは問題なく食べてもらえました。明らかに「若者向け」や「ダイエット用」と思われる宅配弁当は、両親に試食してもらっていません。)

 

もちろん、「高齢者向け」「シニア向け」に作られている、やわらかい冷凍弁当も多くあります。

ですが、そういったお弁当は、最後の手段として取っておくことがおすすめです。

まずは、味やおかずの品数、肉や魚・野菜の量など、本人(あなた)の希望に沿う宅配弁当&冷凍弁当を試してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめランキングを見てみる⇒

 

介護食ならば基準が変わる

僕は宅配弁当を選ぶ時に、わざわざ「高齢者用」を選ぶ必要性は低いと思っています。

ですが、「介護が必要な高齢者のための宅配される食事」となると、事情は変わってきます。

介護が必要な高齢者の場合は、誤飲について考える必要があるので、食事のやわらかさが最重要になることもあります。

 

高齢者用の宅配弁当(宅配食事・宅食)を選ぶ場合は、「介護食」かどうかを意識すべきです。

介護食ならば、「やわらか食」や「ムース食」、「刻み食」を選択できる宅配弁当メーカーが重宝するのではないでしょうか。

 

塩分・糖分・たんぱく質の摂取制限がある場合

高齢者向け宅配弁当・食宅便・塩分ケア

食宅便・塩分ケアコース「さんまの有馬山椒煮」。食宅便には塩分・カロリー・たんぱく質などを厳密に制限する「ケアコース」が充実。

 

持病があり、塩分、糖分、たんぱく質などの摂取制限がある高齢者の場合は、その摂取基準で宅配弁当を選ぶべきです。

エネルギー、塩分量、糖質量、たんぱく質量などが細かく制限されている宅配弁当も多いです。

いわゆる「制限食」です。

「制限食」は冷凍の宅配弁当に多いです。

 

毎日受け取る「宅配弁当」か、冷凍庫に保管する「冷凍弁当」か

宅配弁当は2つのタイプに分かれます。

「コープの宅配弁当」や「ワタミの宅食」のように、冷蔵状態のものが毎日配達されるタイプのものと、「食宅便」や「ウェルネスダイニング」などの冷凍で7食分~10食分くらいが一気に送られてくるタイプのものです。

どちらもお弁当も使い勝手は一長一短です。

ただ、高齢者にとってこの違いは意外に大きいかもしれません。

高齢者にとっての違いを説明します。

 

毎日受け取る宅配弁当のメリット

宅配弁当タイプは、毎日配達員さんが毎日手渡ししてくれます。

(「宅食」や「食事宅配」と呼ばれるタイプです。)

このタイプは、配達員さんとのコミュニケーションがありがたいと思える高齢者には最適です。

家にこもりきりで、他人と会話する機会が少ない一人暮らしのお年寄りにとっては、毎日お弁当を手渡ししてもらい、一言声をかけてもらうだけでも、良いことではないでしょうか。

声かけと同時に、安比確認の意味合も生まれます。(簡易安否確認サービスの付く宅配弁当もあります。)

冷凍タイプのお弁当では、いったん宅配便で受け取ってしまうと、後は冷凍庫に入れておくだけなので、こういった恩恵は受けられません。

 

冷凍弁当のメリット

高齢者に最適な宅配弁当・冷凍弁当・食宅便

冷凍弁当「食宅便」はこのように配送されます。7個~最大16個を1度にクール便で配送。

 

これとは逆に、食料品を自分で買いに行ける高齢者の方の場合、便利な宅配弁当サービスがあだになってしまうかもしれません。

宅配弁当で食事を済ませてしまうことで、外出する機会が減ってしまうからです。

 

たとえ他の人と一切会話をしなかったとしても、健康な高齢者にとって外出は重要なことだと僕は思います。

毎日受け取る宅配弁当は、こういった「外出の機会」を奪ってしまうかもしれません。

 

冷凍タイプのお弁当であれば保存がきくので、必ずしも毎日そのお弁当を食べる必要がないです。

なので、「外出の機会が減る」という事態も、宅配弁当よりは生まれにくいです。

冷凍庫に冷凍弁当をストックしたまま、買い物をして自炊をしても、何の問題もないわけです。

 

それぞれの高齢者の方のライフスタイルをよく考えて、毎日配達される宅配弁当タイプを選ぶのか、まとめて買って冷凍庫に保管する冷凍弁当タイプを選択するのかを決めるべきです。

 

高齢者に最適な宅配弁当のおすすめランキング!

ここまでの基準をもとに、「高齢者に最適な宅配弁当&冷凍弁当」をランキングにします。

このランキングを参考にして、実際に宅配弁当食べる本人(もしくは、あなた!)の好みで選んでください!

 

1位・ワタミの宅食

高齢者向け宅配弁当ランキング・ワタミの宅食

ワタミの宅食・まごころおかず「ブリの照り焼き」

ワタミの宅食は冷蔵状態で毎日宅配されるタイプのお弁当です。

ワタミの宅食の配達員さんは「まごころスタッフ」という名前が付いていて、手渡しを基本に毎日宅配してくれます。(玄関先に専用ボックスで留め置きも可能です。)

また、ワタミの宅食にはおかず品数やご飯付き/なしの違いによる4つのコースが用意されています。これは冷凍タイプのお弁当にはない特徴です。

その他の特徴は次のようになります。

 

ワタミの宅食の公式サイトを見てみる⇒

ワタミの宅食の特徴

  • おかずのやわらかさは適度高齢者以外が食べてもやわらか過ぎることはない。
  • 味の濃さも適度濃いおかずはほとんどない。薄く感じるおかずはたまにある。
  • 容器はお住まいの県によって異なる。おおまかに、東日本は使い捨て容器。西日本は返却が必要な容器。

 

ワタミの宅食の味や写真・感想と口コミをさらに詳しく調べたい場合は、こちらのページにまとめてあります。

口コミ&写真
【弁当写真多数】ワタミの宅食の口コミ&評判と注文した感想-味や値段は?

ワタミの宅食を食べた感想と写真、さらにツイッターでの皆さんのワタミの宅食の感想をまとめてみました。僕自身のワタミの宅食を食べた感想としては、コープデリの舞菜シリーズに似ている、ということです。ですが、何度も食べていると、舞菜シリーズとは味や方向性が少し違うことに気付きました。

続きを見る

 

ワタミの宅食の「まごころ御膳」豚肉のおろしポン酢がけ

ワタミの宅食「まごころ御膳」豚肉のおろしポン酢がけ

 

ワタミの宅食は、はっきり言って凄く普通の宅配弁当です。

味・値段・栄養バランスなどが手堅いです。目新しいところはないですが。。

あえて言うならば、全体的に値段が少し安めです。

一番安い「まごころ手鞠」は490円(税込/送料込)です。

 

また、ワタミの宅食には、「高齢者食宅配市場」で売上シェアNo.1(2010~2017年)出典「外食産業マーケティング便覧2011~2018」、という実績があります。

実際にワタミの宅食を食べてみて、繊維の多い野菜が細かく刻まれていたり、魚の骨が完全に取り除かれていたり、硬いおかずがほとんど出ないこと考えると、「ワタミの宅食は、高齢者向けに作られている意味合が強い宅配弁当なのかな~」と感じたことが多かったです。

ワタミの宅食の手堅い味付けが口に合えば、高齢者の方にはまずワタミの宅食をおすすめします。

 

ワタミの宅食の公式サイトを見てみる⇒

ワタミの宅食は魚料理が美味しい?!

無難な味付けのワタミの宅食ですが、魚料理はかなりこだわっているようです。脂がのった魚をやわらかく調理している場合がほとんど。骨も一本も残らず完全に取り除かれています。鯵、鯖、鮭、ブリ、銀ヒラス、カレイ、など、ワタミの宅食では、他の宅配弁当よりも美味しい魚料理を味わえます。

 

2位・まごころケア食(シルバーライフ)

高齢者向け宅配弁当ランキング・まごころケア食

まごころケア食・健康バランス「味噌つくね弁当」

まごころケア食はクール便で配達される冷凍弁当です。

賞味期限は3ヶ月~6ヶ月です。なので、いったん自宅の冷凍庫に入れてしまえば、いつでも好きな時に食べられるお弁当です。

 

「まごころ弁当」や「配食のふれ愛」という全国チェーンのお弁当屋を聞いたことはありませんか?

どちらも「シルバーライフ」がフランチャイズ元のメーカーで、そのシルバーライフが作った冷凍弁当が「まごころケア食」です。

シルバーライフは高齢者向けの宅配弁当を専門に作っているメーカーだといえます。

 

まごころケア食の公式サイトを見てみる⇒

まごころケア食の特徴

  • いったん冷凍庫に入れたら、いつでも好きな時に食べられる冷凍弁当。
  • 栄養素の制限コースあり。(カロリー・糖質・塩分・たんぱく質制限)
  • 細かく刻まれているおかず・やわらかめのおかずが多く高齢者に最適。
  • 「やわらか食」コースあり。
  • 値段が安い。送料が無料。2セット(14食)買うと激安になる。

まごころケア食は冷凍のお弁当です。なので、一度購入して冷凍庫に入れてしまえば、いつでも好きな時に食べられるメリットがあります。

毎日食べる必要はありませんし、1日に何個食べても問題ないです。

 

まごころケア食は6コースあって、通常コースの「健康バランス」コース、それぞれの栄養素の制限コースや高齢者向けの「やわらか食」のコースがあります。

コース 栄養バランス
健康バランス 300kcal以下、塩分2.5g以下
カロリー調整食 240kcal±10%、塩分2.5g以下
糖質制限食 240kcal±10%、塩分2.0g以下、糖質15g以下
塩分制限食 300kcal以下、塩分2.0g以下
たんぱく調整食 300kcal以下、塩分2.0g以下、たんぱく質10g以下
やわらか食 塩分2.5g以下
コース 1食あたり(7食購入時) 1食あたり(14食購入時)
健康バランス 568円 463円
カロリー調整食 568円 463円
糖質制限食 568円 463円
塩分制限食 568円 463円
たんぱく調整食 600円 491円
やわらか食 657円 563円

※すべて税込み&送料込み。
※14食セットは冷凍庫に入り切らない場合があります。ご注意下さい。

 

まごころケア食は、おかず4品で制限食の高齢者向け宅配弁当の中ではスバ抜けた安さです。

通常7食セットで3980円(税込)。この価格でも1食あたり568円(税込)で、まずまず安い方です。

ですが、送料が無料なので(一般的に冷凍弁当の送料は700円~900円くらい)、送料込みの実質値段ならば、かなり安い方だと言えます。

さらに7食1セットのものを2セット(14食)買うと1食463円(税/送料込)と激安冷凍弁当になります。

 

高齢者向け宅配弁当ランキング・まごころケア食

シルバーライフ・まごころケア食「サバの甘酢あん風弁当」

 

あまり大きな声では言えませんが、この「まごころケア食」とまったく同じ冷凍弁当が他社から700円~800円(税/送料込)以上で売られています。

シルバーライフは、常温の宅配弁当「まごころ弁当」も、冷凍弁当も、フランチャイズ経営が本業です。小売ではなく卸売りのような感じ。

つまり、この「まごころケア食」は卸売り価格で買えるので、ここまで安くなるのだと思われます。

まとめ買い(といっても2セット14食)で、さらに安くなるもの卸し業者だからでしょうか。

 

高齢者向け宅配弁当で安い物を探している方には、「まごころケア食」がピッタリです。

まごころケア食の公式サイトを見てみる⇒

 

3位・食宅便

高齢者向け宅配弁当ランキング・食宅便

食宅便「鶏肉の柚子胡椒焼きといかのチリソース」

食宅便は僕が当ブログで一番お世話になっている冷凍の宅配弁当です。食宅便のレビューだけで70記事を超えちゃいました。

食宅便は高齢者の方を含む、多くの方のおすすめできる冷凍の宅配弁当です。

味の良さ・値段の安さ・送料安さ・おかず品数の多さ・制限食コースの充実、など全てが優秀です。

 

食宅便の特徴

  • 年齢問わずおすすめできる
  • 味・値段・品数・栄養バランスなど全体的に優秀
  • メニュー&コースが超充実。常時300種類以上!

若い人にもおすすめできる食宅便ですが、高齢者でも問題なく食べられるように、ほとんどのおかずは食べやすく調理されています。

「介護食」レベルのやわらかさが必要ない高齢者ならば、食宅便の冷凍弁当も候補に入れるべきです。

 

食宅便の写真と味の感想、ネット上での口コミ&評判などはこちらにまとめています。興味のある方はご覧下さい!

 

口コミ&評判
【写真多数】食宅便(食卓便)の口コミ&評判と注文した感想-デメリットにも突っ込みます!

食卓便の冷凍おかずを食べてみた感想と写真をまとめました。食宅便の口コミと評判を調べたところ、多くの方が食宅便を手軽な栄養成分の管理食やダイエット用の低糖質食として利用していました。食宅便の送料と購入方法もまとめました。

続きを見る

 

高齢者向け宅配弁当ランキング・食宅便

食宅便「塩ちゃんこ」

食宅便の最大の長所は「メニュー&コース」の豊富さです。

制限食のメニューも豊富です。

例えば、1食の塩分を2.0g以下におさえた「塩分ケアコース」内だけで49メニューが用意されています。(2019年10月)

1食のたんぱく質を13g程度、カリウムを500mg以下、リンを270mg以下におさえた「たんぱくケア」コースも49メニューあります。(2019年10月)

「低糖質セレクトコース」内でも35メニュー。全コースのメニューの合計は300種類を超えます。

 

宅配弁当を「味で選びたい」「栄養バランスで選びたい」「値段や送料の安さで選びたい」「制限食で選びたい」など、盛りだくさんな基準で選びたい方には、食宅便がおすすめです。

 

食宅便の公式サイトを見てみる⇒

 

やわらかい食事(あいーと)

食宅便には「やわらかい食事(あいーと)」というコースがあります。

この「やわらかい食事(あいーと)」は、通常の食宅便のよりも、さらに一段階やわらかく調理されている冷凍のおかずです。

7食分で1セットがAセット~Cセットまであり、本格的な食宅便のコースになっています。

食宅便の中でも「やわらかい食事(あいーと)」は特に高齢者の方に向いているコースです。

 

やわらかい食事(あいーと)⇒

 

※こちらは「宅配弁当」というよりは、「一品料理」になっています。また「介護食」という感じが強くなっています。

 

4位・コープの宅配弁当

高齢者向け宅配弁当ランキング・コープデリ

コープデリ(デイリーコープ)「舞菜弁当」

コープの宅配弁当は、ワタミの宅食と同じ冷蔵で毎日配達されるタイプのお弁当です。

実は、コープの宅配弁当はこの高齢者向け宅配弁当ランキングでも、もっと上位に入ってもいいかもしれないお弁当です。

ですが、一つ大きな問題があります。

それは、地元(各都道府県)のコープによって、それぞれ宅配弁当が違うので、おすすめできるかどうかは地元のコープ次第、ということです。

 

僕の住んでいる東京都では、「コープデリ(デイリーコープ)」と「東都生協」から宅配弁当を注文できるのですが、どちらのコープの宅配弁当もとても良かったです。

僕の高齢の両親にも、なかなか好評でした。

「コープ(生協)」は営利目的企業とは少し異なるので、素材や価格の面で良心的な場合が多いようです。

 

ただ、コープは「生活協同組合」なので、宅配弁当を注文するためには「組合員」になる必要があります。

「コープデリ」も「東都生協」も組合員になる必要があり、支払いは引き落としのみで、引き落とし口座を作る必要がありました。

地元のコープそれぞれで必要な手続きがあるため、初回に注文する時に多少面倒な部分があります。

 

高齢者向け宅配弁当ランキング・コープの宅配弁当い

コープデリ「舞菜おかず」カレイのおろしあんかけ

 

少なくとも、僕がこのブログで食べまくっている、東京都で注文できる2つのコープ「コープデリ(デイリーコープ)」の「舞菜弁当」「舞菜おかず」「舞菜御膳」と、「東都生協」の「お弁当コース」「おかずコース」「国産応援ご膳」は、どれもおすすめできる宅配弁当です!

(ただし、介護食用の特別にやわらかいラインナップはありません。)

 

どちらのコープの宅配弁当も、ワタミの宅食と同じくらい高齢者でも食べやすいように配慮された宅配弁当です。

ただ、僕の感想から言わせてもらうと、ワタミの宅食と比べると、コープの宅配弁当は少しだけ、栄養バランス重視で食べやすさが劣るような気もします。

野菜が「ドカっと」入っていたりして「栄養的には良いけれど、ちょっと味がうすくなっちゃってるな~」と感じることもありました。

そして、こういった特徴は、地元の各コープ(生協)によって違ってくる可能性があります。

 

コープの宅配弁当は、お住まいの地区のコープ(生協)のポテンシャル次第で高齢者に向いている良心的なお弁当になっているかもしれません。

一度試しに注文してみるのも、面白いかと思います。

 

全国のコープの宅配弁当を見てみる⇒

 

介護食としての宅配弁当

冒頭でも少しだけ触れましたが、健康な高齢者が食べる宅配弁当と、「介護食」として使う宅配弁当では、選ぶ基準が大きく変わってきます。

僕は介護の専門家ではないですが(食生活アドバイザー2級の資格は持っています)、今まで多くの宅配弁当食べて来た宅配弁当マニアでもある僕が「介護食としての宅配弁当」について説明します。

 

噛む力で宅配弁当を選ぶ

最近の宅配弁当はほとんどのものがお年寄りでも問題なく食べられるように作られています。

魚の骨は完全に取り除かれ、繊維の多い野菜は細かく刻まれ、玉子や豆腐、いも類を多く使った食べやすいメニューが多用されます。

高齢者の宅配弁当ユーザーはとても多いので、各メーカーはお年寄りでも食べられるように作る傾向があります。

高齢者でも食べられるように作らないと売れないわけです。

 

なので、一部の若い人向けに作られていると思われる宅配弁当(このブログの中では、例えば「nosh-ナッシュ」など。)を除いて、噛む力が多少衰えている高齢者でも、問題なく食べられるお弁当がほとんどです。

正直に言うと、アラフォーの僕としては、多くの宅配弁当に対して「もっと歯ごたえがあった方がいいな~。」と感じることも多いですね。。

 

飲み込む力で宅配弁当を選ぶ

飲み込む力が衰えている高齢者のための宅配弁当(宅配食事)となると、特別にやわらかく調理したものが必要になり、いわゆる「介護食」というものになります。

飲み込む力が弱くても食べられるムース状の食事は冷凍と相性がいいです。

なので、「介護食」と呼べるレベルのやわらかい食事は冷凍弁当のメーカーが手掛けている場合が多いです。

このページでも紹介した「ウェルネスダイニング」や「食宅便」などです。

 

ただ、ムース状の介護食って、最近は常温で長期間保存可能のものも多いですよね。。キューピー製品とか。

わざわざ冷凍のムース食を買うメリットは低いのかもしれません。

ただ、多分味は冷凍の方が上なんじゃないでしょうか。

ムース食でなくとも、常温保存可能な食品と食宅便などの冷凍弁当を比べると、間違いなく食宅便の方が美味しいですから。

 

また、常温配達の高齢者向け宅配弁当(まごころ弁当、宅配クック123など)では、「刻み食」というオーダー方法があります。

 

ちなみに、僕の後期高齢者の両親は、コープの宅配弁当やワタミの宅食、食宅便のレベルの硬さならば、問題なく食べられます。

もし、僕の両親にムース状の介護食が必要な時がきたら、いろいろと食べ比べてもらって、気に入ったものをいくつも見つけたいです。

 

高齢者にとってのコープの宅配弁当

コープの宅配弁当は高齢者に向いています。

理由は以下の5つです。

  • 全体的にやわらかく調理されている。魚の骨は完全に取り除かれている
  • 塩分量が控えめで薄味になっている。
  • 極端に辛い・酸っぱいなどの刺激が強いおかずは出ない
  • カロリーや栄養バランスの計算がされている。
  • 無料で宅配してくれるので、食材を買いに行くことが大変な高齢者にはありがたい。

 

これらは、僕と後期高齢者の両親で食べた東京都のコープの宅配弁当「コープデリの舞菜シリーズ」と「東都生協の夕食宅配」の感想です。

大部分は、全国のコープの宅配弁当にも当てはまることだと思います。

 

また、コープの宅配弁当にはデメリットもあります。

  • 硬めの食材が使えないので、歯ごたえの変化などの食感の良さがない
  • 薄味が苦手な人には味気なく感じてしまう
  • 香辛料や薬味、ピリ辛さ、苦さ、酸っぱさなどでの味の変化が少ない
  • 注文は継続される。1日単位でキャンセルは不可能直前のキャンセルも不可能受け取り時間の指定も不可能

これらのデメリットから、僕は「コープの宅配弁当はお年寄り向きではあるけれど、必ずしもお年寄りが美味しく食べられるとは限らない」と思っています。

また、コープの宅配弁当は送料無料ですが、1週間単位の注文、事前の注文、事前のキャンセルが必要になります。

宅配のシステムが少し使いにくい感じです。

これらは「宅食」や「食事宅配」と呼ばれるサービスの特徴にもなっていることです。

 

高齢の両親がコープの宅配弁当を食べた感想

高齢者向け宅配弁当ランキング・コープの宅配弁当・舞菜おかず

コープデリ・舞菜おかず

僕の両親はどちらも75歳を越えた後期高齢者です。

そして、僕は2年以上コープの宅配弁当を注文し続けていました。(現在はいろいろな宅配弁当をローテーションで注文しています。)

今まで何度も両親にコープの宅配弁当を食べてもらって、感想を聞いてきました。

 

父のコープの宅配弁当に対する感想は、まあ、なんと言うか普通です。

父は僕に性格が似ているので、そのおかずが美味しいかまずいかを考える前に「栄養があるか、健康に良いか悪いか」を考えてしまう人なのです。

なので、栄養バランスが管理されているコープの宅配弁当は、「野菜が多く使われていて、それに薄味だからいいね」というような感想になります。

評論家っぽい感想ですね・・

父が健康にいいものなら文句を言わずにもそもそと食べるところは、僕に似ています・・・

あ、あまり参考にならない感想ですね。

まあ、入れ歯(総入れ歯ではない)の父でも。全てのおかずを食べられていることは、一つの参考になると思います。

いわく「繊維の多い野菜でも、やわらかくなっているか、細かくなっているかのどちらか」だそうです。

ただ、「ワタミの宅食の方が、さらに食べやすい」とも言っていました・・

 

高齢者向け宅配弁当ランキング・コープの宅配弁当・舞菜弁当

コープデリ・舞菜弁当

次に母の感想を書いてみます。

母はいつも「生協のお弁当は品数が多いけれど、一品一品が少ないから、美味しいと思ったものをたくさん食べられなくてイヤだわ。」と言います。

そんなことを言われても、僕にはどうすればいいのか分かりません。

 

多くの食材を少しずつ食べることは、健康にとてもいいことですし、そもそも、とても贅沢なことです。

一品一品が少なく品数が多いことはコープの宅配弁当の長所なんですけどね・・・。

我が母ながら、良く分からないことを言う時があります。

どうにもできない母のわがままなのですが、しかし、僕はここに本質的なことが見え隠れしているような気もしているんです。

「メニューおまかせ」のお弁当が好きか嫌いかで、コープの宅配弁当の評価は大きく分かれるようです。特に高齢者にとっては。

 

宅配弁当は高齢者の一人暮らしには向いている?

高齢者の一人暮らし場合、宅配弁当は大きなメリットとデメリットがあります。

メリット(高齢者の一人暮らし)

  • 自炊せずに栄養バランスの良い食事が取れる。
  • 買い物が辛い場合に便利。
  • レンジで温めるだけ。買い物や調理の危険がない

デメリット(高齢者の一人暮らし)

上記のメリットがそのままデメリットになる可能性がある。
外出や料理をする機会が減る
生活の中から頭を使う作業を奪ってしまうかも。

 

簡単に言えば、一人暮らしの高齢者にとって宅配弁当は便利過ぎるかもしれないです。

本来、まだまだ動けるお年寄りが家に引きこもってしまうきっかけになる可能性があります。そのくらい、今の宅配弁当は便利なんですよね。。

 

そういったデメリットも考慮して、以下のページで一人暮らしと宅配弁当について考察しています。

高齢者の一人暮らしについても詳しくまとめているので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

一人暮らし
宅配弁当や食事宅配が一人暮らしに最適な理由+おすすめ弁当3選【簡単な健康食!】

一人暮らしに向いている宅配弁当や食事宅配を探していますか?健康的で簡単に食べられる宅配弁当や食事宅配は一人暮らしに最適です。この記事ではおすすめの宅配弁当と一人暮らしで宅配弁当を注文する注意点を紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい!

続きを見る

 

セブンイレブンの食事宅配「セブンミール」は高齢者に向いているか

高齢者に最適な宅配弁当・セブンイレブンのセブンミール

セブンミール・日替わりおかずセット「さわらの西京焼き」

当ブログではセブンミールの宅配弁当を多数試しています。

その結論としては・・・

 

特定の状況をのぞいて、セブンイレブンの食事宅配「セブンミール」は、高齢者にはおすすめできません。

お弁当の内容は、可もなく不可もなく。特別に高齢者向けに作ってあるものではありませんでした。

それだけなら「気に入ったらどうぞ」と言えるのですが・・・

「セブンミール」の利用方法は独特なシステムになっていて、その独特な条件がピッタリ合う人以外は使いにくくなっています。

 

セブンミールのシステム

  • 注文金額が1000円以上から宅配が可能になる
  • 宅配料金は216円。5000円以上の注文で宅配料金無料。
  • セブンイレブン店舗で受け取れば送料無料(ただし、受け取れる店舗は特定のセブンイレブンだけ。全店舗ではない。)

この条件で食事宅配(宅配弁当)を注文すると、1回に2個以上の弁当を注文するか、もしくは、毎回216円の送料を払う、ことになります。

この条件でOKでない方には、おすすめできません。

ただし、セブンミールでは「セブンイレブン」「イトーヨーカドー」などで売っている食品全般を購入できます。

お弁当と一緒に他の食品も購入したい人には、セブンミールはありがたいシステムになるかもしれません。

高齢者向け宅配弁当ランキング・セブンミール

セブンミール・日替わり弁当

 

また、セブンミールが受け取り可能なセブンイレブン店舗が近くにある人には、セブンミールは便利なサービスになるかもしれません。

ただ、東京都練馬区のわが家では、自宅からの距離が5番目のセブンイレブンが受け取り可能店舗でした。

セブンミール受け取り可能店舗はあまり多くないようです。

 

「まごころ弁当」は高齢者向け・長所短所が大きい

高齢者向け宅配弁当ランキング・まごころ弁当

まごころ弁当・普通食「海老としめじの玉子とじ」

 

「まごころ弁当」は高齢者向け宅配弁当チェーンです。

まごころ弁当の特徴は、ここまで説明してきた「宅配弁当(宅食)」や「冷凍弁当」とは、まったく違っています。同じ系統の「宅配クック」とよく似た特徴です。

メリットとデメリットがはっきり。

まごころ弁当のメリット

  • 高齢者向け宅配弁当に特化。全てのお弁当が柔らかめ&味薄め。
  • 1日単位で注文可能。昼食配達&夕食配達あり。前日の18:00までの申し込みでOK。配達無料。
  • 「刻み食」と「柔らかご飯orおかゆ」に無料で変更可能。
  • 「たんぱく調整食」「ムース食」などのコースあり。

まごころ弁当のデメリット

  • 常温の配達。常温なので配達後2時間までに食べる必要がある。
  • デリバリーなのでエネルギーや栄養成分・添加物・アレルギーなどが書いていない。
  • フランチャイズ方式なので店舗によって値段が違う。お弁当の種類も違う。
  • フランチャイズ方式なので、接客が悪かったり配達ミスがあったりする。経験複数あり(泣)。

 

上のまとめのメリットだけ見ると、凄まじく良い高齢者用の宅配弁当サービスに感じます。

ですが・・

メリットは多数なんですが、デメリットも多数あります。ほんと大きなデメリットが・・

 

配達に関しては、配達時間こそ指定できないものの、無料配達&前日申し込みOK&1日単位可能なのは、他に「ヨシケイの冷凍弁当」くらいしか僕は知りません。かなりの好条件です。

「たんぱく調整食」や「ムース食」については、冒頭のランキング2位ウェルネスダイニングや3位食宅便にも、ほぼ同じものがあります。

ですが、普通のお弁当を無料で「刻み」にしてくれるのは、まごころ弁当(他には宅配クック123)くらいです。

高齢者向け宅配弁当ランキング・まごころ弁当

まごころ弁当・普通食(刻み)「ホイコーローと大豆サラダ」。後期高齢者の父はこのお弁当を「食べやすいけれど普通のお弁当の味」と評しました。

 

このように、良い部分の多いまごころ弁当ですが「常温なので基本的に配達されたらすぐに食べないとだめ」という大きなデメリットもあります。

つまり、配達時間前後には必ず家にいる必要があり、さらにお腹もすかせておく必要もあるのです。消費期限は配達後2時間です。

冷凍弁当ならば、いつでも好きな時にレンジで温めて食べられます。1食分を食べずに繰り越すことも自由です。

ワタミの宅食やコープの宅配弁当は、冷蔵で配達されて、配達日の22:00までが賞味期限です。

その時間までならば、いつでもレンジで温めて食べることができます。

まごころ弁当は、そういった自由が一切きかないんですよね・・

 

また、店舗でお弁当をつめるまごころ弁当は「デリバリー」にあたるので、エネルギーや栄養成分、添加物、アレルギー源などを表示する義務がないです。なので、書いてないですね。。

別に義務じゃなくても、書いてもいいんですけどね。。これもデメリット。

 

高齢者向け宅配弁当ランキング・まごころ弁当

メニューを書いた紙がもらえます。エネルギーくらい書いてくれてもいいと思うんですが・・

 

さらに、まごころ弁当はフランチャイズ方式なので、店舗によって値段が違います。

店舗によって、注文可能なお弁当の種類も多少違います。

都市部は高めの値段のようで、僕の住んでいる地区は最低価格より20%くらい高い値段でした。

 

あと・・配達し忘れられたことがあります。お腹減らしといたのに・・

宅配クックでも配達し忘れ、あります。

どちらも、そんなに多く注文したことないのに、配達し忘れを経験したのは、おそらくこの系統の宅配弁当のデメリットなんだと思われます。

だって、毎回配達する人が違うんですもん。こりゃミスりますよ。

 

他の冷凍弁当系や、コープやワタミなどの宅食系、ヨシケイなど、数十回から数百回注文したことがあるメーカーで「宅配し忘れ」は、だたの一回もありません。

フランチャイズ方式ゆえの、当たり外れもあると思います。

ですが、直営店はメーカーのブランドがかかっているので客の対応が良くなり、フランチャイズ店は自分達の利益を最大化するために、必ずしも客の対応を最優先しない場合があるのは、どの業界も同じですよね。。

 

おまかせ弁当の功罪

コープの宅配弁当やワタミの宅食は、おかずの内容がおまかせのお弁当です。

食事のおかずの内容がおまかせというのは、実は長所も短所も大きいです。

 

まず、嫌いなものや食べられないものが、メニューに入ってしまう可能性があります。

定食屋で日替わり定食のようなものを見かけますが、その場合、しっかりのおかずの内容は明記されます。日替わり定食は、多くのメニューの中の一つ選択肢になっているだけです。

日替わり定食のおかずに嫌いなものが入っていた場合は、日替わり定食を頼まなければいいだけです。

 

しかし、メニューがおまかせの宅配弁当では「そのメニューを頼まなければいい」というのは無理です。

メニューがおまかせの宅配弁当を作る側は、なるべく好みの別れないおかずにします。

なので、おまかせ弁当は定番=単調なメニューになりやすいです。

 

また、自分で選んだメニューの食事を取るよりも、メニューがおまかせの宅配弁当は満足感が低くなってしまうことは否めません。

僕の高齢の母は、イマイチコープの宅配弁当やワタミの宅食を好きになりません。母はその日に自分が決めたものを食べたい派、なのです。

人はその時に自分が食べたいものを食べることによって、思った以上に満足感を得ているものです。

 

ただ、僕自身は性格的にそこまで自分で決めたものを食べたいとは思いません。

僕は「カレーライスが食べたい!」のように具体的なメニューが食べたいと思うよりも、「いつも食べないようなものが食べたい」とか「変わったものが食べたい」のように思うことが多いです。

父も僕と同じような感覚を食べ物に対して持っているようです。

どうやら、母のように自分が食べたいものをピンポイントで指定して食べたがるような人には、コープの宅配弁当やワタミの宅食は向いていないようです。

逆に、「~~的なものが食べたい」のような感覚を食事に持つ人は、コープの宅配弁当やワタミの宅食は向いていると思います。

 

僕のような食の感覚だと、食事の品数は多ければ多いほど嬉しいです。

母のような食の感覚からすると、食事の品数が多いことが、必ずしも嬉しいことではないのです。

母は、「その時食べたいものを、お腹いっぱい食べたい」という感じらしいです。

父も母も高齢ですが、僕と同じような性格の父にはコープの宅配弁当やワタミの宅食は向いていると思います。母のような性格の人には、向いていないかもしれません。

 

高齢者に限定しない宅配弁当の人気ランキング

僕は、高齢者の方に「食べることのできる範囲」ならば、普通の宅配弁当をおすすめします。

そして、最近の宅配弁当はどのメーカーのものでも、ある程度食べやすく作られているものがほとんどです。

なので、高齢者の方で宅配弁当を選んでいる場合は、このページの宅配弁当ランキングより、宅配弁当全般のランキングの方が参考になるかもしれませんね。。

 

当ブログで僕が実際に食べてみた宅配弁当の中から、味・量・値段・栄養バランスなどを総合的に評価したランキングはこちらになります。

よろしければ、参考にしてみて下さい!

総合ランキング
宅配弁当の人気ランキング!口コミとおすすめ【味・値段・栄養バランス】

僕が当ブログで実際に食べた宅配弁当から、「味」「値段」「栄養バランス」「量」「冷凍か冷蔵か」などを基準にして、ランキングを作ってみました。いろいろな宅配弁当たちがランクインしました。お、思い出深い宅配弁当ランキングです。

続きを見る

 

おすすめ記事

1

ワタミの宅食を食べた感想と写真、さらにツイッターでの皆さんのワタミの宅食の感想をまとめてみました。僕自身のワタミの宅食を食べた感想としては、コープデリの舞菜シリーズに似ている、ということです。ですが、何度も食べていると、舞菜シリーズとは味や方向性が少し違うことに気付きました。

2

食卓便の冷凍おかずを食べてみた感想と写真をまとめました。食宅便の口コミと評判を調べたところ、多くの方が食宅便を手軽な栄養成分の管理食やダイエット用の低糖質食として利用していました。食宅便の送料と購入方法もまとめました。

3

ワタミの宅食を試してみようと思っていますか?ワタミの宅食には「お試しセット」がありません。ですが1週間だけお弁当を注文することができます。この記事ではワタミの宅食で「お試し」をする方法をまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい!

安い宅配弁当・冷凍弁当ランキング 4

安い宅配弁当をさがしていますか?「質が良い割に安い」宅配弁当は、送料(配送コスト)の問題を上手にクリアしているお弁当です。このページでは僕が当ブログで実際に注文した中から、安くてもまずくない宅配弁当をランキングにしました。ぜひ、参考にしてみて下さい!

5

宅配される冷凍弁当をさがしていますか?このページでは、宅配の冷凍弁当の味、値段、栄養バランス、おかずの品数、送料、インスタ映え具合などを基準に、ランキングにまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい!

6

ワタミの宅食の評判や口コミはいろいろありますが、僕はまず自分で試してみました。5種類の宅配弁当をすべて食べてみました。ワタミの宅食のメニューや値段、味の感想や口コミなどを、コープの宅配弁当(コープデリ)と比べながらまとめました。

7

どうも! こせたんです。 食宅便にはいつもお世話になってます。 このブログの食宅便の記事は70ページを超えました。食べまくって、レビューさせてもらってます。   たくさん食べてみて「食宅便は ...

8

自炊をしないで健康的な食事を取る方法を調べていますか?健康的な宅配弁当やヘルシーな外食、ミールキットなど、いろいろあります。一人暮らしに最適な方法もまとめました。すべて簡単ですよ!ぜひ参考にしてみて下さい。すべて僕が実際に試してみたものです。

9

ヨシケイの夕食ネットの冷凍弁当「楽らく味彩」を注文してみました。初回半額を利用して10セット注文して、その感想と写真をまとめました。初回半額だと1個170円になる冷凍弁当「楽らく味彩」は、とてもコスパの高い冷凍弁当でした。

10

僕が当ブログで実際に食べた宅配弁当から、「味」「値段」「栄養バランス」「量」「冷凍か冷蔵か」などを基準にして、ランキングを作ってみました。いろいろな宅配弁当たちがランクインしました。お、思い出深い宅配弁当ランキングです。

-宅配弁当のまとめ記事
-, ,

Copyright© こせたん宅配弁当 , 2019 All Rights Reserved.