セブンミール

セブンミール「日替わりおかずセット」を注文してみました

どうも!

こせたんです。

セブンイレブンの食品お届けサービス「セブンミール」で「日替わりおかずセット」を注文してみました!

お弁当の内容、注文方法と宅配方法、それぞれ一般的な宅配弁当とは違う感じで面白かったです。

セブンミールはセブンイレブン店舗から配送されることになるのですが、なんというか微妙な店舗の活躍っぷりでした。

いろいろ微妙。便利そうな、そうでなさそうな・・

詳しくはいずれまとめページを作ろうと思いますが、まずはセブンミールの「日替わりおかずセット」がどういう感じだったのかをレポートします!

 

セブンミール「日替わりおかずセット」・ハッシュドビーフセット

このおかずセットのメニューは

ハッシュドビーフ、野菜の盛り合わせとウインナーのホワイトソース、小松菜のバター風味お浸し、アーモンドかぼちゃサラダ

です。

エネルギー250kcal 蛋白質8.1g 脂質13.9g 炭水化物23.2g 塩分2.2g

アレルギー 卵、乳成分、小麦、大豆、鶏肉、りんご

になります。

値段は500円(税抜)。税込みで540円+配送料が200円で1000円以上から配送可能です。

僕は2つお弁当を注文しました。

 

どうでしょうか?

「セブンミール」の「日替わりおかずセット」の見た目は。。

冷凍ではない宅配弁当タイプなので、コープの宅配弁当やワタミの宅食のライバルになる感じです。

その両者よりも、じゃっかん量が少ないかな?

野菜中心でヘルシーそうではあります。

 

まず、ビーフシチューは無難なお味でした。

上にかかっているのはホワイトソースっぽかったです。

お肉の量はそれほど多くなかったですが、最低限は入っている感じでした。

まぜまぜした写真も撮ったのですが、イマイチ綺麗に撮れなかったのでボツにします。すみません。

 

「野菜の盛り合わせとウインナーのホワイトソース」というメニュー名は、実は僕が勝手につけました。これもすみません。。

セブンミールのお弁当は、メニューを書いたペーパーなどない上に、お弁当にもメニューが書いてないんですよね。。

ラベルには、原材料名と仮のメニュー(?)が書いてあります。

ラベルに原材料名と仮のメニューが書いてあるのは、最近の宅配弁当では意外と多いことです。

正確なメニューは別に書いてあることがほとんど。

セブンミールでは、正確なメニューは注文する時にホームページで確認できるだけになっていました。

手元にお弁当が届き、いざ「メニューを見ながら食べようかな」と思っても、すでにメニューを確認するすべがなくなっているという悲しさ。

この辺り改善してもらえることを期待しつつ、次注文する時は、ホームページのメニュー名を控えておくことにします。

 

で、肝心の「野菜の盛り合わせ」ですが、人参、れんこん、さつま芋、キャベツ、いんげんと(+ウインナー)が、ゴロゴロ入っていて、かなりヘルシーな内容でした。

店舗で普通に売っているセブンイレブンのお弁当に比べると、ヘルシーさでは天地の差がありそうです。

 

さらに、のこりの副菜2種類も野菜系のおかずです。

小松菜のバター風味お浸しは、バターの味はそこまで強くないですが、大きめの小松菜がシャキシャキ食感を残して調理されていました。

これは、なかなか。

 

アーモンドかぼちゃサラダは、ただのかぼちゃサラダではない感を主張していました。

こちらも、結構ヘルシーな感じです。マヨネーズを利かせるようなかぼちゃサラダとは違う感じでした。

 

パッケージはコンビニ弁当ライクです。

 

ラベルには原材料名と仮のメニュー名、栄養成分表示も書いてありました。

 

今回の「日替わりおかずセット」の感想は、「少し安い+量少な目+かなりヘルシー」という感じでした。

僕的には、セブンイレブンのブランドイメージの真逆(失礼)です。

まあ、今回のセットだけで結論を出してしまうのは早計なので、少なくともあと何回かは注文してみようかと思ってます。

ごちそう様でした。

 

-セブンミール
-

© 2020 こせたん宅配弁当