デイリーコープのブログ

コープデリのエネルギー塩分調整食を注文してみました

コープデリのエネルギー塩分調整食

こんな感じです。

この日のメニューは

みそかつ、やまいもきんぴら、オクラの添え物

です。

 

感想は、何か質素なのに本体698円は高いですね・・・

取り立てて何もないです。

厳密にカロリーと塩分を調整している管理料が高いんでしょう・・・

生協の「弁当」の扱いではないのでしょうか。いつもの器には入ってきませんでした。

ただ、コープデリのデイリーコープのパンプレットを見ると、この塩分調整食はメインメニューに入っていて、これを週に3日以上頼めば送料は無料になる仕様です。

これは健康上の特別な理由で必要になった場合以外には、注文する必要のないメニューのようです。

しかし、コープデリのエネルギー塩分調整食は、エネルギーを調整していると言われても、ごはんも一緒に注文すると500キロカロリーです。

これは舞菜弁当と同じカロリーです。そして舞菜弁当にもごはんがついています。

つまり、エネルギー塩分調整食と舞菜弁当の違いは、塩分の1gの差だけになります。

おかずの品数は舞菜弁当の方が多いですし、舞菜弁当は本体520円で値段も随分安いです。

どうしても厳密なエネルギーと塩分の調整が必要な方はこれを注文するのでしょうが、なんか悲しいですね・・・

そもそも生協の弁当は一般の弁当に比べるとエネルギーも塩分も控えめに調整されているので、普通はそれで十分なんですけどね・・・

(舞菜弁当は平均のエネルギーが500キロカロリー以下になっています。1週間の平均でエネルギーを計算していて、一日だけ見ると600キロカロリーあることもあります。エネルギー塩分調整食は1日単位でも厳密にエネルギーが計算されているようで、ご飯と合わせて550キロカロリーを超えることもめったにないようです。エネルギー塩分調整食は、このように厳密にエネルギーを調整する必要がある人のためのメニューのようです。)

 

コープデリ舞菜弁当20170814

この日のメニューは

ご飯、さばの生姜だれ、スクランブルエッグ、糸こんにゃくとひき肉の煮物、酢れんこん、葉大根とちりめんの炒め物

です。

れんこんの酢が意外と利いていました。

なんでしょう・・・舞菜弁当はこれが3回目ですが、エネルギー塩分調整食を食べた後でこれを食べると、とてつもなく優秀な弁当のように感じてしまいます。

本体520円と生協の弁当にしては安いですし、ご飯が入っていて楽ですし、一食500キロカロリーはダイエットにもってこいのエネルギーですね。

まあ、舞菜御膳と比べると、野菜根菜が少なく感じてしまいますが。

しかし、ある意味では、一応ですが値段や栄養素などのニーズを全て満たしている弁当ですね。

とても地味なんですが・・・

もそもそ食べるには最適です!

-デイリーコープのブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当