食宅便のブログ

【糖質制限】食宅便「低糖質セレクト」の口コミ&評判と写真&感想【旨み】

どうも!

こせたんです。

食宅便の「低糖質セレクト」を注文してみました。

 

なかなか美味しかったです、「低糖質セレクト」。

ただ、少し味の方向性に好みの別れそうなところがありました。

結論を先に言うと、ほぼ「甘さ」が少ない味付けに統一されている感じでした。

「低糖質」なのだから甘くないのは当然かもしれませんが、かなり徹底されているな~、と。

甘くない分「旨味」を出した味付けになっていました。

 

こせたん
けっこう極端な味付けかも。

 

このページでは、食宅便「低糖質セレクト」のメニューや味の感想、ネット上の口コミなどをまとめます。

また、「低糖質セレクト」をダイエットに使う場合のコツや注意点を、僕のダイエット検定1級取得の経験を生かしてアドバイスさせてもらいました。

 

食宅便の公式ページを見てみる⇒

 

食宅便「低糖質セレクトA」の写真と感想

今回、僕が注文したのは食宅便の「低糖質セレクトA」です。(後に、BとEも注文しました。)

低糖質セレクトはAからE(それぞれ7食分セット)まであり、さらに「らくらく定期便」で低糖質セレクトを注文することができます。

 

低糖質セレクトA「鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮」

メニューは、鶏肉のレモンペッパー焼き、鱈のトマト煮、キャベツとじゃこの中華和え、炒りおから、わかめとツナの旨塩和え、です。

エネルギー232kcal 蛋白質21.5g 脂質11.3g 炭水化物11.1g 食塩相当量2.1g 糖質6.0gになります。

 

鶏肉のレモンペッパー焼きは、酸っぱくはなかったです。爽やかな味でした。

鱈のトマト煮はナスやズッキーニ、黄ピーマンなどが使われていて、鱈も大きめでした。

おからで植物性たんぱく質も取れるところが嬉しいです。

 

低糖質セレクトA「豚肉の生姜焼きと鯖(サバ)の胡麻だれ」

メニューは、鯖(サバ)の塩麹焼き、豚肉のハーブガーリック焼き、ひじきの炒り煮、わかめと玉葱の中華和え、カリフラワーマスタード和え、です。

エネルギー304kcal 蛋白質21.4g 脂質20.1g 炭水化物9.6g 食塩相当量1.7g 糖質3.1gになります。

 

鯖(サバ)の塩麹焼きは大きかったです。塩麴で柔らかくなっていました。

豚肉のハーブガーリック焼きも柔らかかったです。ガーリックの味はごくわずかでした。

 

低糖質セレクトA「鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮」

メニューは、鱈(タラ)のカニあんかけ、豚肉の野菜旨煮、彩り野菜のカレー和え、いんげんのベーコン炒め、葉大根のお浸し、です。

エネルギー203kcal 蛋白質15.8g 脂質12.6g 炭水化物6.5g 食塩相当量1.9g 糖質5.1gになります。

 

失礼ながら大して期待せずにいただいた鱈(タラ)のカニあんかけは、意外にもカニの味がしっかり出ていました。

彩り野菜のカレー和えは、辛くはなかったのですが、スパイスの香りが利いていて良かったです。

 

 

食宅便・低糖質セレクトの口コミと評判は?

食宅便の「低糖質セレクト」に対して、皆さんはどんな感想なのかを調べてみました。

良い口コミ

  • 低糖質の割に味が美味しい
  • 品目数が多くてうれしい(5品目)
  • ダイエットに便利
  • (当たり前だが)本当に低糖
  • いつでもレンジで温めて簡単に食べられる

悪い口コミ

  • 量が少ない
  • カロリーが低すぎる

などです。

 


「低糖の割には美味しく、量が少ない。」とのことです。

食宅便はご飯と一緒に食べるとちょうど良いエネルギーになるおかずセットなので、食宅便だけ食べると量が少なく感じるのは当然かもしれません。

ですが、「低糖質」目的で低糖質セレクトを食べる人は、ご飯を足すことはほぼないはずです。う~ん、ジレンマ。

 


この方は「牛しゃぶと帆立のオリーブオイル仕立て」を詰め替えてお弁当にしていらっしゃいますね。

一緒に入っているのは、低糖質のプリンとかかな?

「これだけ入ってても6.0gって本当すごい。美味しいしリピートしそう」とのこと。

 


僕が低糖質セレクトを注文した時には、オマケはなかったです。

期間限定なのかな? う、うらやましい。。

 


こちらのセットは僕も食べたことがあります。

低糖質セレクト「鶏肉の柚子胡椒焼きといかのチリソース」

低糖質セレクト「鶏肉の柚子胡椒焼きといかのチリソース」

僕もこのセットを食べた時には、思った以上にイカのチリソースが辛くて驚きました。

食宅便は、他の宅配弁当に比べて、辛いメニューを本当に辛くする傾向がありますね。。

 


この書き込みは2016年のもので、現在は低糖質セレクトのメニューがA~Eの5セット(35メニュー)に増えています。

多分、人気があったから「低糖質セレクト」を増やしたんじゃないかな~。

 

食宅便「低糖質セレクト」の全メニューはこちら。

 

食宅便「低糖質セレクト」公式ページ⇒

 

食宅便「低糖質セレクト」の口コミと評判のまとめ

食宅便の低糖質セレクトは「低糖質」の割に味が良いという口コミが多かったです。

これについては、冒頭でも書きましたが「美味しいけれども、好みが分かれるかもしれない味付け」だと補足させてもらいます。

旨み・辛味・酸味を中心にした味付けです。こういった味付けが好きな方には、「低糖質セレクト」は食宅便の中で一番美味しいと思えるコースになるかもしれません。

食宅便・低糖質セレクト「赤魚のソテーバター風味」

食宅便・低糖質セレクト「赤魚のソテーバター風味」

 

良くない口コミとしては、「量やエネルギーが少なすぎる」というものもが目立ちました。

低糖質セレクトは200kcal~250kcalくらい、他の食宅便のメニューもエネルギーは200kcal~300kcalの範囲に設定されていて、それだけでは少し量が少ないです。

かと言って、食宅便をご飯と一緒に食べると低糖質の意味が無くなってしまうというジレンマがあります。

このことは、食宅便の「低糖質セレクト」を糖質制限ダイエットに使う場合は、かなり重要なこと(一番気を付けるべきこと)になるかと思います。

 

そこで、このことを中心に、次の項目で「『低糖質セレクト』をダイエットに使う場合のコツと注意点」をまとめます。

 

「低糖質セレクト」をダイエットに使う場合のコツと注意点

「低糖質セレクト」のみはエネルギーが低すぎる

「低糖質セレクト」をダイエットに使おうと考える人は、当然「糖質制限ダイエット」を考えているかと思います。

糖質制限ダイエットの目的は、糖質を制限するとこであって、エネルギーを極端に制限することではないはずです。

また、もう少し細かく言うと、糖質制限の目的は血糖値を急上昇させないことで、糖質量を極端に制限することも、本来の目的とは少し違います。

これらのことを考えると、「低糖質セレクト」と血糖値を急激に上げないような200kcal~300kcal程度の食べ物を一緒に食べるのがおすすめになります。

雑穀ご飯や納豆、みそ汁、乳製品、ナッツ類、果物、などが最適です。(果物の「果糖」は血糖値を上げないことが分かっています。)

毎回必ず一緒に食べる必要はないです。

また「低糖質セレクト」だけで1食にすることも、短期的なダイエットならばアリかもしれません。

 

「低糖質セレクト」にこだわる必要はない

「低糖質セレクト」は、食宅便の他のコースのメニューよりも、多少エネルギーが低く設定されて、たんぱく質の量が多くなっています。

また、冒頭で書いたように、「低糖質セレクト」の味は、甘味がほとんど無く、旨味や辛味、酸味での味付けが多いです。

これらの「低糖質セレクト」の特徴が自分の好みと一致する人には、ダイエットのために「低糖質セレクト」を大いにおすすめできます。

 

ですが、「低糖質セレクト」の特徴が自分の好みと合わない人は、「低糖質セレクト」にこだわる必要はないかと思います。

食宅便は他のコースでも十分にダイエットに向いています。

「低糖質セレクト」のように「糖質5g~10g」のようにはいきませんが、食宅便の他のコースでも十分に高たんぱく低カロリーのメニュー構成になっています。

 

「甘くない味付け」が好みではない人は、自分の好きなメニューだけを注文できる「おこのみセレクト」コースをおすすめします。

栄養成分に特に制限のない「おこのみセレクト」コースのメニューであっても、エネルギー・たんぱく質・脂質・糖質のそれぞれの量は大まかに(でも、かなりしっかりと)調整されています。

自分の好きなメニューだけを食べられるのならば、ダイエットが楽になるのは誰の目にも明らかではないでしょうか。

 

食卓便のどのコース(メニュー)がダイエットに最適なのかは、こちらのページでさらに詳しく考察しています。

興味のある方はぜひご覧下さい。

 

食宅便のダイエットに最適なコース【本当に低糖質セレクト?】

 

でも、やっぱり「低糖質セレクト」がダイエットに最適!

ここまで「低糖質セレクト」について、いろいろネガティブなことを書いてしまいました。

ですが、「低糖質セレクト」の味付けが好みの人には、「低糖質セレクト」が食宅便で一番ダイエットに最適なコースになることは間違いないです。

高たんぱく低カロリー、そして低糖質になっている食宅便のコースだからです。

 

僕自身、実は「低糖質セレクト」の味付けはかなり好みです。食宅便のコースよりも「低糖質セレクト」の方が美味しく感じました。

なので、「低糖質セレクトA」を注文した以降も、「低糖質セレクトB」「低糖質セレクトE」と次々に試してみた次第です。

食宅便でダイエットを考えている人は、一度「低糖質セレクト」を試してみて、その味付けが自分の好みに合うかどうかを確認してみることをおすすめします。

 

食宅便「低糖質セレクト」公式ページ⇒

 

「低糖質セレクト」のメニュー・写真と感想

ここからは、冒頭で少し紹介した「低糖質セレクト」の写真と感想をさらに追加して紹介します。

また、食宅便の「低糖質セレクト」以外のメニュー&コースの味や栄養成分の特徴は、以下のページに詳しくまとめています。

興味のある方は、ぜひチェックしてみて下さい!

 

食宅便(食卓便)の美味しいメニューとまずいメニュー【コース別・味の特徴】

 

低糖質セレクトA「牛しゃぶと帆立のオリーブオイル仕立て」

メニューは、牛しゃぶと帆立のオリーブオイル仕立て、ブロッコリーのアンチョビマヨソース、揚げ茄子の煮びたし、枝豆のコンソメ煮、です。

エネルギー210kcal 蛋白質14.1g 脂質13.5g 炭水化物8.1g 食塩相当量2.0g 糖質6.0gになります。

 

牛しゃぶがたっぷり入っていました。ブロッコリーのアンチョビマヨソースは、食べやすいお味です。揚げ茄子の煮びたしは、とてもやわらかくなっていました。

 

低糖質セレクトA「鯵(アジ)の塩焼きと鶏肉の唐揚げ」

メニューは、鯵(アジ)の塩焼き、鶏の唐揚げ、大根と人参のきんぴら、菜の花の辛し和え、昆布しいたけ煮、です。

エネルギー220kcal 蛋白質20.9g 脂質9.5g 炭水化物12.7g(糖質7.9g 食物繊維4.8g) 食塩相当量2.2gになります。

 

アジの塩焼きは少しパサパサしていました。付け合わせの白菜といっしょにかつお出汁がかけられていて、煮浸しのようになっていました。鶏の唐揚げにはちょっとだけケチャップがかかってました。

 

低糖質セレクトA「タンドリーチキンと鮪(マグロ)の煮付」

メニューは、タンドリーチキン、鮪の煮付、豆腐と大根の煮物、ほうれん草のおひたし、もやしのナムル、です。

エネルギー218kcal たんぱく質25.8g 脂質9.6g 炭水化物7.3g 食塩相当量1.7g 糖質6.3gになります。

 

タンドリーチキンは濃い目の味付けでしたが、スパイス的な辛さは少なかったです。豆腐と大根の煮物はしいたけがたくさん入っていました。鮪の煮付はちょっと硬かったです。まあ、まぐろだからこんなものかな。。

 

低糖質セレクトA「豚肉の生姜焼きと鯖(サバ)の胡麻だれ」

メニューは、豚肉の生姜煮、鯖の胡麻だれ、小松菜のおかか和え、筍蒟蒻、きのこバター醤油和え、です。

エネルギー234kcal 蛋白質18.3g 脂質14.5g 炭水化物7.7g 食塩相当量2.2g 糖質5.0gになります。

 

豚肉の生姜煮は、写真のように超たっぷりです。生姜味で煮てあり、さらに細切り生姜がのせられていました。豚肉と鯖、筍蒟蒻にしめじの料理で「旨味」たっぷりのメニューでした。

 

低糖質セレクトE「海老と卵の中華炒め」

食宅便・低糖質セレクトE「海老と卵の中華炒め」

メニューは、海老と卵の中華炒め、豚キムチ、おくらと厚揚げのお浸し、カリフラワーコンソメ和え、大根葉とツナの塩胡椒和え、です。

エネルギー210kcal 蛋白質13.1g 脂質12.4g 炭水化物11.3g(糖質5.6g 食物繊維5.7g) 食塩相当量1.9g、になります。

 

食宅便のメニューは、主菜がだいたい肉料理か魚料理なんですが、このセットは主菜が海老と卵の炒め物になっている珍しいメニューです。

この海老と卵の中華炒めは、海老はぷりぷりになっていましたし、きくらげが入って食感が良くなっていました。冷凍でもチンゲン菜はシャキシャキです。

 

低糖質セレクトE「牛肉のオイスター炒め」

食宅便・低糖質セレクト・牛肉のオイスター炒め

メニューは、牛肉のオイスター炒め、鱈のきのこあんかけ、茄子のチリソース、菜の花と卵の辛子和え、人参とツナのマリネ、です。

エネルギー211kcal 蛋白質14.3g 脂質12.2g 炭水化物11.2g 食塩相当量2.2g 糖質7.1g、になります。

 

メインの牛肉のオイスター炒めは、しっかり濃い味付けでした。それに対して鱈のきのこあんかけは、物足りなくならないくらいのギリギリの薄味です。茄子のチリソースはわずかに辛い程度でした。

 

低糖質セレクトE「赤魚のソテーバター風味」

食宅便・低糖質セレクト・赤魚のソテーバター風味

メニューは、赤魚のソテーバター風味、豚肉のトマトソース、がんもの煮物、わかめともやしの中華和え、いんげんとコーンのごま和え、です。

エネルギー214kcal 蛋白質18.1g 脂質13.0g 炭水化物6.3g 食塩相当量1.7g 糖質2.5g、になります。

 

どのおかずにも、ちょいちょい付け合わせの野菜が入っているセットでした。メインの赤魚はバターの風味がとても強かったです。このメニューはかなりヘルシーなセットになってました。

 

食宅便「低糖質セレクト」の口コミ&評判と写真&感想・まとめ

食宅便の「低糖質セレクト」は、高たんぱく・低カロリー、そして低糖質になっている食宅便のコースです。

上手に使えばダイエットに最適です。

ただ、単独で1食にするにはエネルギーが少し低すぎるので、血糖値を上げないような食べ物を少し足すか、もしくは一時的なダイエットのみに使うことをおすすめします。

 

また、「低糖質セレクト」コースの味つけは、甘味がとても少ない味付けです。

この甘くない味付けが好みならば、あなたにとって「低糖質セレクト」はダイエットに最適なコースになります。

甘くない味付けが好みでない場合には、食宅便の他のコースを試してみることもおすすめします。

食宅便はどのコースでも大ざっぱに(でも、かなりしっかりと)エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物の量が調整されているからです。

 

このページでは食宅便の「低糖質セレクト」コースの口コミや写真と感想をまとめました。

食宅便全体の口コミや写真と感想はこちらのページになります。興味のある方はぜひご覧下さい。

 

【写真多数】食宅便の口コミ&評判と注文した感想-デメリットにも突っ込みます!

 

食宅便の公式サイトを見てみる⇒

 

-食宅便のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当