本サイトはアフィリエイト広告を含む場合があります。

ワタミの宅食ダイレクト・いつでも三菜「白身フライのタルタル(新容器)」を食べました

ワタミの宅食ダイレクト・いつでも三菜「白身フライのタルタル」

メニュー

・白身フライのタルタル
・筍と人参のオイスター炒め風
・いんげんと卵の洋風和え

栄養成分

エネルギー232kcal たんぱく食9.1g 脂質14.4g 炭水化物17.1g 塩分1.4g

アレルギー 小麦、卵、乳成分、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

値段 556円(税込) 定期購入で10%割引 10食セットで割引。 送料800円(北海道・沖縄除く)

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

今回食べたワタミの宅食ダイレクトの「いつでも三菜」のメニューですが、以前にも一度食べたことがあります。

日付をみると、2019年6月となっています。

3年半前食べたんですね。

う~ん、懐かしく感じられれば良かったんですが、完全に覚えていません。

自分のブログをさかのぼって発見した次第。

ただ、「白身フライのタルタル」という響きに聞き覚えあったんです。

「いつでも五菜」の方にも「白身フライのタルタル」というメニューがあったらしい(これまた記憶なし)ので、ギリギリ響きだけ覚えていたようです。

ところで、実際のメニュー名や固有名詞などの記憶力は低い僕ですが、どういうことがあったとか、こういう仕組みだったとは結構覚えています。

たしか、ワタミの宅食ダイレクトって、僕がワタミの宅食をはじめて食べた以降にできたブランドで、当時は「いつでも三菜/五菜」のような呼び方でなかったはず。

おまかせコースとかそういった名前で、「いつでも三菜/五菜」の名前は夕食宅配のサイドメニューとして買った時の冷凍弁当の名前だったんです。

今でも夕食宅配のサイドメニューとして、ワタミの宅食ダイレクトと同じ冷凍弁当が買えますが、当時はそれらの名前が違ったわけです。

なぜ違う名前で、なぜ、今とは逆の名前がついてたのかは謎です。

でも、当時から僕は「いつでも三菜」は意外と(失礼)おすすめ!と書いて記憶がありますよ。

 

さて、三年前と比較しながら、今回のレビューをしていくことにします。

まず、白身フライのタルタルはかなり大きく、タルタルソースもたっぷりでした。

これは食べる前からボリュームがあるのが分かります。

 

しっかり油も使っている揚げ物です。

 

サンドされている白身魚の厚さはほどほどですが、白身魚感はしっかりありました。

 

付け合わせのブロッコリーはかなりの量。

こ、これは写真で見る限り、三年前よりパワーアップしていますね。

食べた感じの満足感を三年前と比べるのは無理ですが、今回はこのおかずセットだけ食べて、けっこくお腹にたまった感じです。

 

筍と人参のオイスター炒め風には、ほど良くコリコリした食感がありました。

 

濃いめというわけではないですが、オイスター味もしっかりきいた味付けでした。

 

いんげんと卵の洋風和えは絶妙の味付けでした。

 

卵がめちゃ美味しかったです。原材料に「顆粒洋風だし」と書いてありました。コ、コンソメかな?

 

パッケージは三年前とかなり変わりました。

以前はワタミの宅食のマークがついているだけのシンプルなものだったと記憶しています。

 

右下を少しだけ開けて、たっぷり温めて完成。

カラフル容器が廃止されたのは残念なところ。

 

ラベルには、原材料名や栄養成分表示、賞味期限や製造所などが書いてあります。

 

こせたん
ごちそう様でした!

三年前と比べて、同じ部分もあれば、改良されているところもありました。

さ、三年前に食べた時の記憶はないですが・・・

 

-ワタミの宅食のブログ
-

© 2023 こせたん宅配弁当