ワタミの宅食ダイレクト・いつでも5彩「アジの幽庵焼き」を食べました

ワタミの宅食ダイレクト・いつでも5彩「アジの幽庵焼き」

メニュー

・アジの幽庵焼き
・麻婆なす
・キャベツとツナの炒め物
・大豆もやしとぜんまいのナムル
・ひじきの炒り煮

栄養成分

エネルギー300kcal たんぱく17.9g 脂質18.6g 炭水化物13.9g 塩分2.4g

アレルギー成分 小麦、乳成分、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

値段 667円(税込) 定期購入は600円(税込) 送料800円

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

久しぶりにワタミの宅食ダイレクトの「いつでも5彩」を1セット注文して、その2食目です。

ワタミの宅食ダイレクトは以前によく食べていたのですが、そのころの感想としては「良い意味で特徴のない冷凍弁当」です。

「よくある冷凍弁当」ではなく、特徴がないことが特徴的なお弁当です。

多くの冷凍宅配弁当は低糖質や減塩など、それぞれの特徴(特長)があります。最近の流行りは「シェフ監修」とか。

ワタミの宅食ダイレクトはそういう「売り」がないんです。

いや、ないことが売りだと僕は思うんですけどね。

だって、カロリーがどうのとか、たんぱく質がどうのとか、栄養バランスが良いのは分かったから、普通の味の普通のお弁当が食べたい!っていう人も多いと思うんですよ。

高カロリーで体に悪いお弁当だったら嫌かもしれませんが、適度に栄養バランスが取れていたらそれでもう十分。

味はなるべく市販のお弁当に近い、食べやすい味がいいなあ、という需要もあると思うんですよね。

そういう感じで、最低限の栄養バランス+普通っぽい味、なのがワタミの宅食ダイレクトでした。

まあ、本家のワタミの宅食がそういう路線だったので、冷凍のダイレクトの方もそれに合わせた感じかもしれません。

で、まだ2食目ですが、今回久しぶりに食べた感想としてはこれらの感想はまったく変わっていないですね。

というか、容器やパッケージは変わったものの、中身はほぼ変わっていないように見えます。

 

さて、今回食べたメニューのレビューをしてきます。

まず、主菜のアジの幽庵焼きは、かなりしっかりとした甘辛い味つけで柚子の香りも強かったです。

しっかり味付けはワタミの宅食ダイレクトの特徴ですね。

 

あんまり大きくはないですが、なかなか美味しい幽庵焼きでした。

 

付け合わせの野菜もちゃんとした量が入っていました。

 

麻婆なすは麻婆だれたっぷり。

 

唐辛子や山椒の辛さはないですが、うすくない濃厚な味の麻婆でした。

これはご飯が欲しくなるやつ。

 

キャベツとツナの炒め物は、ツナの繊維がまったく残らない食べやすい仕様。

ツナがものすごく細かくなっています。

これは多分、高齢者対応ですね。

 

大豆もやしとぜんまいのナムルは、一転してやや硬めのコリコリ食感。

 

こ、これは、高齢者には食べにくさがあるのでは?

う~ん、さっきのツナが細かくなっていたのは、別に高齢者対応というわけではないのかな?

ワタミの宅食では、以前よく食べていた時も「高齢者には少しキツいおかず」が出ることもあったような。。

 

ひじきの炒り煮はやわらかく良い味付けでした。これは美味しい。

 

ひじきは各メーカー冷凍弁当によく入れるおかずです。ワタミの宅食のひじきは相当美味しい方ですね。

 

パッケージは白基調でおかずっぽ写真(イメージ画像)がのっているもの。

以前のパッケージとずいぶん変わりましたね。

 

今回は温める前の冷凍かちんこちん状態のものを写してみました。

袋に戻して、セロテープで貼って温めました。↓

 

 

パッケージに貼ってあるラベルのアップ。

アジはちゃんとニュージーランド産と書いてありますね。

 

こせたん
ごちそう様でした!

よくある栄養バランス優先の冷凍弁当よりやや味付けが濃く、硬いおかずもやわらかいおかずも出る。

相変わらず、特徴がないのが特徴のワタミの宅食ダイレクトは健在でした。

 

-ワタミの宅食のブログ
-

© 2022 こせたん宅配弁当