ワタミの宅食のブログ

ワタミの宅食・まごころおかず「豚の角煮」はなかなかのインパクトでした

どうも!

こせたんです。

ワタミの宅食で豚の角煮がでました!

す、凄い脂・・

隣のだいこんと同化していて、一瞬、豚の脂身だらけなのかと思いました。

まあ、隣がだいこんでも、十分に脂身だらけですけどね。

 

ワタミの宅食・まごころおかず「豚の角煮」

メニュー

豚の角煮、玉子ときくらげの中華風、豆腐そぼろの炒り煮、南瓜のサラダ、いんげんと人参のおかか和え

栄養成分

エネルギー343kcal たんぱく質11.7g 脂質21.2g 炭水化物24.0g 塩分2.8g カリウム532mg カルシウム94mg

アレルギー 小麦、卵、乳成分、落花生

になります。

 

豚の角煮がメインの割には、全体のエネルギーが343kcalですね。

よく煮込んで脂を落としてあるのでしょうか?

 

そのメイン豚の角煮には、大根とお葉のお浸しがついてました。

豚の角煮は、食事宅配や宅食系の宅配弁当には以外とよく登場するんですよね。

確か、コープデリや東都生協の夕食宅配でも出てました。

初めてワタミの宅食を食べた時にも豚の角煮が出て「ワ、ワタミはガッツリ系かな?」と思った思い出があります。

その後、コープの宅配弁当などにも普通に出ることを知りました。

 

玉子ときくらげの中華風にも、しっかり豚肉が入ってました。

う~ん、豚肉&豚肉。

まあ、ここに入っている豚肉は、バラっぽいですが、全体に味がつく程度の量だと思います。

メインは玉子やもやし、きくらげなので、豚肉は大した量じゃないと思います。多分。。

 

豆腐そぼろの炒り煮には、椎茸が多めに入っていました。

ワタミの宅食は椎茸を大きめに切って入れる場合がよくありますね。

椎茸って、意外にお年寄りでも食べやすい食材なのかな?

 

南瓜のサラダは、甘い味付けではなかったです。

カップに入っていて、温めないことが推奨されるおかずですが、僕は温めます。

面倒くさいのもありますが、サラダでも温かい方が僕は好きです。

 

いんげんと人参のおかか和えは、容器の小さい部分にたっぷり詰め込まれていました。

かつお節の味が強かったです。

 

パッケージはこんな感じ。

 

ラベルは今日は黄色です。

 

ごちそうさまでした。

今回のまごころおかずも、メインのおかずの付け合わせがたっぷり入っていて良心的でした。

 

-ワタミの宅食のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当