ワタミの宅食のブログ

ワタミの宅食ともお別れが近づいてきました

ワタミの宅食は2週間で取りあえず終了にします

最初から、コープデリから東都生協の夕食宅配に以降するまでの2週間だけワタミの宅食を注文してみるつもりでした。

なので、今日と明日をもって、ワタミの宅食を終了にします。

ですが、意外に(失礼)美味しかったので、いずれまた注文してみるかもしれません。

ただ、ワタミの宅食は週5日間か週7日間の注文が必要です。

その間の弁当変更もできません。代金の完全先払い制だからなのでしょうか。

なので「試しに注文してみる」という使い方が、コープデリの宅配弁当に比べるとやりにくいことになります。

ワタミは白飯の注文も一緒にできます。1食あたり100円で使いやすいです。

ただ、これも5日間固定なんですよね・・・

非常におしいです。この辺りの自由がきいたら、もっと手軽に試してみることができて、利用する人も増える思うんですよね。

弁当の種類はコープデリよりもワタミの宅食の方が多いですが、注文の自由度は圧倒的にコープデリの夕食宅配の方がいいですね。

 

ワタミの宅食・まごころ万菜20170831

 

この弁当のメニューは

カジキフライトマトソース、豚肉と春雨の炒め物、五目ボールと大根の煮物、豆腐と野菜の煮物、ツナとマカロニにサラダ、蓮根の真砂和え、青菜の和え物、漬物

です。

実はコープデリの舞菜シリーズも含めると、このブログで「真砂」という言葉が何度か出てきています。

僕は「真砂」とはなんだか知らなかったんですが、なんとなくスルーしてました。

そもそも読めないですし・・

ますな?

調べてみたところ、「真砂」は「まさご」か「まなご」と読むらしく、「真砂和え」は「まさごあえ」という読み方が主流で、たらこなどの魚卵を使った和え物の呼び方らしいです。

つ、次からは分からないメニューがあったら、すぐに調べるようにします・・・

実際に食べてみて、ぷちぷちした和え物的なものだとは覚えてました。定義は魚卵だったんですね。

 

ワタミの宅食・まごころ御膳20170831

この弁当のメニューは

エビカツ、白飯、枝豆いなり煮物、ツナとマカロニのサラダ、きゅうりとハムの和え物

です。

この弁当は非常に薄味でした。マカロニサラダくらいしか、塩味を普通に感じるおかずはなかったです。

僕はそう感じたのですが、あまり自分の舌に自信を持っていないので、この弁当の塩分相当量を見てみると、1.9gでした。これはまごころ御膳の中でもかなり低い方です。

良かった、あってた。

ただ、めちゃめちゃ低いという訳ではないですね。先週の分のメニューもあわせて2週間分見てみたところ、2g前後の日は結構ありました。

どうもこの辺りが納得できないです。

ご飯付きの宅配弁当は、おかずだけの弁当よりも、おかずの一定量に対しては塩味を強くしないと、釣り合わないと思うのです。

ご飯はある程度の塩分がないと、美味しくいただけません。

これはコープデリの舞菜弁当にも言えることでした。

ご飯付きの弁当ということは、この弁当で食事を完結するような想定のはずです。せいぜい汁物をつけるくらいでしょう。

それならば、もう少し塩分を足してもいいはずです。

サイドメニューで味噌汁をつけられるようにすればいいですね。

独自のブランドで、フリーズドライの美味しい味噌汁を付けられるようにしたら、喜ばれるし売れるのではないでしょうか。

特に、ご飯付きの弁当ならば、付けたくなると思います。

 

-ワタミの宅食のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当