ワタミの宅食・まごころ小箱「サワラの西京焼き」を食べました

ワタミの宅食・まごころ小箱「サワラの西京焼き」

メニュー

・サワラの西京焼き
・白飯
・カレー春雨
・シャキシャキポテトサラダ
・わかめと彩り野菜の煮浸し

栄養成分

エネルギー310kcal たんぱく質9.1g 脂質7.9g 炭水化物49.2g 塩分1.6g

アレルギー えび、かに、小麦、卵、乳成分

値段 490円(税込) 配達無料

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

さて、現在僕はワタミの宅食の「まごころ手鞠」と「まごころ小箱」を1週間分(祝日ありで平日4日分)を注文しています。

全てブログにアップできるかは分かりませんが、なるべく多くの写真をアップしようと考えています。

2022年はすべての物価が上がっている状況で、490円(税込)+送料無料のワタミの宅食の2つのお弁当は貴重だと思い、宅配弁当ライターとして注目しているんです。

僕が食べたことがある宅配弁当の中でも、送料込みで500円(税込)を切っているお弁当は一握り。

その一握りの中でもワタミの宅食の手鞠と小箱は味がかなり良い方なんですよね。

今回レビューする小箱は、ご飯までついていますし。

また、500円(税込)以下の安いお弁当は、おかず3品のものが多いんです。

手鞠と小箱はどちらもおかずが4品ずつついていて、こちらも注目点。

もちろん、一品ずつは多くない量になりますが、味や食物繊維の量からくる食べ応えは実際に体感してみないと何とも言えませんからね。

少しでも実際に食べた感覚が伝わるようにレビューしていこうと思います。

 

まず、メインのサワラの西京焼きは、小さめ・・ですが、すごく美味しかったです。

 

う~ん、も、もう少し大きい方が嬉しいですが、しかしめちゃ美味しいなこれ。

ワタミの宅食に出るお魚って、昔からこれなんですよね。

めちゃ美味しいけれど小さめ。

ワタミの宅食にはがっつりタイプのお弁当「まごころダブル」もあるのですが、あれなら、この美味しい魚をもっと食べられるのだろうか。。

 

白飯は、やや硬め。

僕はお弁当をあまり長時間温めない派なので、この硬さなんだと思います。

もっとたっぷり温めれば、やわらかくなるでしょう。水分が少ないわけじゃないし。

 

カレー春雨のカレー味は香りづけ程度。

辛さはまったくなりません。まったり味。

 

ほぐした鶏肉がたくさん入っていました。

ご飯と一緒に食べるとちょうど良い味です。

シャキシャキポテトサラダは生の?じゃがいもをマヨネーズサラダにしたもので、その名の通りシャキシャキした食感があります。

 

これ、何年も前から、ワタミの宅食を食べると必ず出る人気のおかずだったはず。

 

おそらく、冷蔵で宅配されるからできるサラダなんだと思います。

ちなみに、温かくなってしまうのが嫌な人は、緑のカップごといったん出してレンジで温めればOKです。

 

わかめと彩り野菜の煮浸しは、程よい酸味。

 

わかめの歯ごたえも感じられました。

 

パッケージはシンプルかな。

 

500wで1分45秒が目安ですが、僕は200wで2分くらいが好みの温かさ。

やはり、それぞれ少しずつですが、色々なおかずが楽しめてご飯までついているのは良いですね。

 

帯の前面にはお弁当名が書いてあります。

 

裏面には、おかずごとの原材料が細かく書いてあります。

 

この日の「まごころ手鞠」は「季節限定・ハンバーグ ねぎ塩レモン」でした。

ハンバーグの上にのっている塩ねぎは、けっこう本格的なものでした。酸味が強くごまの香りが良かったです。

 

こせたん
ごちそう様でした!

実は、妻にもそれぞれのお弁当を少しずつ試食でもらったんですが、味はかなり気に入った様子でした。

ただ、「成人男性なら少し量が足りないのでは?」ということも言っていました。

僕は宅配弁当ライターとして、ワタミの宅食のこの2つのお弁当は、「少なめのお弁当の中では少なくない方」という認識なんですが・・・

どうなんでしょう。

明日以降も注意深くレビューしていきます。

 

-ワタミの宅食のブログ
-

© 2022 こせたん宅配弁当