ワタミの宅食・まごころ小箱「あさりのクリームソースと切干大根」を食べました

ワタミの宅食・まごころ小箱「あさりのクリームソースと切干大根」

メニュー

・あさりのクリームソース
・白飯
・切干大根の中華風煮物
・白菜とひき肉のすき焼風
・チンゲン菜と薄揚げの和え物

栄養成分

エネルギー321kcal たんぱく質8.1g 脂質7.2g 炭水化物54.7g 塩分1.4g

アレルギー 小麦、乳成分

値段 490円(税込) 配達無料

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

さて、今週はワタミの宅食の一週間になってます。

ワタミの宅食は基本的に一週間単位での注文なのですが、実は1日から注文できます。

最近そうなりました。

ただし、一週間(平日5日間)で注文しないと、お弁当の値段が少し(1食40円)高くなります。

1食40円という数字は、微妙なところではありますが、まあ配達料みたいなものでしょうか。

通常は配達料がかかるけれど、一週間で注文すれば配達料がかからない、みたいな。

いや、仮に配達料が40円だったとしたら、よく考えるとかなり良心的なんですけどね。

セブンミールは1回220円かかりますし、ワタミの宅食みたいに置き配が使えませんし。

冷凍のお弁当を始め、安い宅配弁当はいろいろあるのですが、ワタミの宅食の「まごころ手鞠」と「まごころ小箱」は、安い上に付加価値が大きく感じます。

ワタミの宅食の置き配は鍵付きボックスで保冷力も高いですし、とても便利です。

容器も使い捨てタイプなので、洗って返す必要もないですし。

もはや、誰とも会わずに、どんどんご飯が食べられちゃいます。

我が家に届けてくれる配達員さんなんて忍者のようで、我が家の敏感なワンちゃんにすら気配を悟られませんから。

 

さて、そんな受け取りが便利なワタミの宅食ですが、味の方はどうなのかレビューしていきます。

まず、メインのあさりのクリームソースはパスタ(フリッジ)も入って食べ応えがありました。

 

あさりとクリームソース、加えてパスタはどれも相性がいい味です。

パスタの食感も意外としっかりしていました。

これはいいおかず。

 

白飯はやや少な目かな。

僕はあんまり温めないで食べるのが好きなんですが、このお米は温めただけやわらかくなる感じですね。

 

切干大根の中華風煮物もたっぷりの量。

きくらげが入ってわずかにコリコリ食感もあり、程よい味付けで美味しかったです。

 

白菜とひき肉のすき焼風は少しだけ。玉ねぎの甘さが出て美味しいおかずではありました。

実は、このおかずは「手鞠」の方にも入っていて、そちらはたっぷり入っていました。

う~ん、やはり同じ値段でご飯がつかない「手鞠」の方が、おかずだけ比べると「小箱」より豪華なんだろうか・・・

チンゲン菜と薄揚げの和え物も少な目。

シャキシャキ感があり、もう少し食べたい気もします。

実はこちらも「手鞠」なら多いんですよね。

つまり、「小箱」より「手鞠」+(自前の)ご飯の方が、豪華で量が多くなる、ということですね。

重要な結論に達したような。

ちなみに、話題のこの日の「手鞠」はこんな感じ。

ワタミの宅食のおかずは味が良いだけに、ある程度の量を食べたくなります。

上の「手鞠」でも内容量はそこまで多くはないのですが、ここに自分に合った量のご飯を付ければ、かなり満足できるはず。

 

パッケージは市販の弁当っぽいもの。

 

僕は短めに温めます。

 

帯の表面には大きな「小箱」の文字。

 

裏面には原材料表示や栄養成分表示など。

賞味期限は配達日の22時までです。「手鞠」は次の日の15時です。

 

こせたん
ごちそう様でした!

量を比較すると、小箱<手鞠+ご飯、となったので、次は同じワタミの宅食のご飯付き弁当「まごころ御膳」と比べてみたいところです。

 

-ワタミの宅食のブログ
-

© 2022 こせたん宅配弁当