ワタミの宅食のブログ

ワタミの宅食ダイレクト・おまかせコース「牛肉のオイスターソース炒め」を食べました

ワタミの宅食ダイレクト・おまかせコース「牛肉のオイスターソース炒め」

メニュー

・牛肉のオイスター炒め風
・がんもどきの煮物
・蓮根とひじきの煮物
・肉団子
・トマトと卵の洋風和え

栄養成分

エネルギー319kcal たんぱく質15.0g 脂質19.4g 炭水化物20.6g 塩分2.6g

〇アレルギー成分 小麦、卵、乳成分、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

〇〇値段 667円(税込) 送料800円(定期購入で10%オフ)

 

今週は「ワタミの宅食」を注文したんですが、以前に注文した冷凍弁当「ワタミの宅食ダイレクト」も冷凍庫に残ってます。

ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトは、基本的に別もの。

ダイレクトはワタミが「トオカツフーズ」というこの業界では有名な冷凍弁当の製造メーカーに外注(OEM?)で作ってもらっているものです。

ただ、味というかお弁当の傾向としては、「ワタミの宅食」と「ワタミの宅食ダイレクト」はかなり似ています。

特徴は

・食べやすい味付け
・栄養成分の制限がゆるめ
・高齢者配慮のおかず

といったところ。

なので、「ワタミの宅食を注文していたけど、冷凍の方が使いやすいかも」と思った場合は、ワタミの宅食からダイレクトに移行しても、無理がないと思います。その逆もです。

また、ワタミの宅食を注文している人は、サイドメニュー「まごころ商店」からお安く冷凍弁当が変えちゃいますよ!(ダイレクトと同じ冷凍弁当です。)

 

今回のワタミの宅食ダイレクトですが、牛肉のオイスター炒め風は、かなりしっかりと濃いめの味付け。

う~ん、食宅便やnosh-ナッシュ、ヨシケイなんかの冷凍宅食の有名どころでは、他にこんな強い味付けはないですね。

ある意味ワタミの宅食&ダイレクトは、市販のお弁当と栄養バランスの良い宅食の中間くらいと考えられるんじゃないかな。

 

がんもどきの煮物のがんもは大きかったです。

 

中まで味がしみてました。人参も。

こ、こうしてみると、あんまり大きくないかな?

 

蓮根とひじきの煮物も、うす味ではないです。

ワタミの宅食では、れんこんは「はすね」。関西系の呼び方です。

ま、まあ、こんな言い方したら「れんこん」の方が関東独特の呼び方でしょう!と言われちゃいそうですが。。

 

肉団子も、こう言っちゃなんですが、市販の肉団子に近い味の濃さです。

 

う~ん、ご飯が欲しくなるお味。

 

トマトと卵の洋風和えは面白いおかず。

量は少ないですが、美味しかったです。

程よい酸味でした。

 

パッケージはワタミカラーのオレンジと白。

 

冷凍状態を取り出してみました。

セロテープで閉めて温めるという技を覚えた僕は、いくらでも冷凍状態を観察できるようになっちゃいました。

 

温めるとこう。

 

パッケージのラベルには、原材料が細かくのっています。

 

こせたん
ごちそう様でした!

相変わらず、食べやすいというか、市販のお弁当に近い味付けのワタミの宅食ダイレクトさんでした。

 

-ワタミの宅食のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当