東都生協の夕食宅配

豆腐ハンバーグ和風ソースが美味しかったと父親が言ってました

東都生協の夕食宅配・おかずコース20171212

この弁当のメニューは

豆腐ハンバーグ和風ソース、もやしと小松菜の炒め物、ひじきとツナのサラダ、ごぼう金平、セロリのピクルス

です。

エネルギー361kcal たんぱく質12.6g 脂質19.7g 炭水化物32.7g 塩分2.5g

になります。

 

この弁当はほとんど父親が食べました。僕は東都生協得意のセロリ料理だけいただきました。

相変わらず癖のないセロリですね。新鮮なセロリなのでしょうか。

 

父親はメインの豆腐ハンバーグの和風ソースに大興奮してました。

30年くらい前、まだ豆腐ハンバーグが一般的でなかったころに、父親は豆腐ハンバーグを自作していたくらい好きなおかずです。

「豆腐をつぶす前によく水を切るのがコツだ」ってよく言ってました。懐かしいです。

 

今回の弁当について、他に何が美味しかった?と聞くと、かぼちゃが美味しかったと言ってました。

父はメニューを見てないですから、かぼちゃは付け合わせだとは知らないですね。

やはり、東都生協の夕食宅配では、付け合わせのプラスアルファ感が大きいようです。

 

ごぼうの金平ですが、先週の舞菜御膳のレポートで「太い金平じゃなくなった」と言ったのですが、もしかすると、僕は東都生協の夕食宅配の金平と勘違いしていたのでしょうか・・・

もしくは、ワタミの宅食や食宅便などの、他の宅配弁当だったのかも。

確か、関西の方がこういった「ささがき」状のごぼうの金平がメジャーらしいのですが、東都生協さんはモロに関東地方の生協ですよね。「東都」いうくらいですから。

関東でも、最近はこちらの金平の方が噛み応えなどがあって人気があるのでしょうか。

僕もこちらの方が好きです。

父は、この金平は「やわらかかった」と言ってました。噛み応えあるタイプの金平じゃなかったらしいです・・・

 

すべてのおかずは全体的に薄味だったと父は言っていて、それは父の望むところのようでした。

 

東都生協の夕食宅配・お弁当コース20171212

この弁当のメニューは

豚ヒレカツのごま味噌ソース、アヒージョ(里芋、茄子、黄ピーマン、アスパラ)、ほうれん草のバター醤油、スクランブルエッグ、欧風マッシュポテト、白飯(産直金芽米使用)

です。

エネルギー500kcal たんぱく質15.0g 脂質15.4g 炭水化物75.5g 塩分1.9g

になります。

 

豚ヒレカツのごま味噌ソースは、油分はほとんど感じませんでしたが、ごま味噌ソースは濃厚で美味しかったです。

豚のヒレ自体も、やはりかなりあっさりしていました。

今回の弁当の脂質が別段高くない(むしろ低い)ことからも、それが伺えると思います。

 

「アヒージョ」とは始めて聞いた料理名です。

今これを書いている瞬間は、まだ「アヒージョ」について検索していないのですが、その前に食べた感想を言わせてもらいます。

とても、コープの弁当に出るようなおかずだとは思えませんでした。

無茶苦茶にんにくのような味がしました。塩分も相当濃かったです。多分、たっぷりにんにくが入ってますよね?

これでにんにくが入ってなかったら、もっとヤバいものが入ってそうな雰囲気がありました。

最初はにんにくがひとかけら入っているのかと思いましたが、白いのは里芋のはずでした。

で、では「アヒージョ」について調べてみましょう・・・

アヒージョ(西: ajillo)は、スペイン語で文字通りには「小さなニンニク」、具体的には「刻んだニンニク」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと供される。
日本では、「アヒージョ」というが、アヒージョはニンニク自体のことであり、料理のことは正しくは「(食材名) アル アヒージョ」(al ajillo)、たとえば海老を使用する場合は「ガンバス アル アヒージョ」となる。
素材は魚介類を中心に海老、牡蠣、イワシ、タラ、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、野菜など多種多様で、熱が通った具材をそのまま食すのと併せ、バゲットやチュロスをオリーブオイルに浸して食べるのが一般である。日本のスペインバルではバゲットやチュロスの提供は必須ではないが、スペイン人の中には「バゲットやチュロスと一緒でないと成立しない料理」と主張する向きもある[1]。

とのことです。ウィキペディアより、です。

これを読んでもイマイチ分かりませんでしたが、要するに、にんにくとオリーブオイルを使った料理で、具材はいろいろ使いますよ、ってことですね。

 

今回の東都生協の夕食宅配のアヒージョですが、とにかくにんにくが利いてました。まあ、オリーブオイルの独特の味が、にんにくの味を強調したのかもしれません。

いや、本当に東都生協の栄養士さんは、制約なく自由にメニューを考えていらっしゃるように感じました。

こんな強い味付けのものが、コープの宅配弁当で食べられるとは思いませんでした。

驚きましたが、美味しかったです!

-東都生協の夕食宅配
-

© 2020 こせたん宅配弁当