東都生協の夕食宅配

栄養士おすすめ・タラの油淋鶏ソースと五目ごはんの豪華な組み合わせでした

東都生協の夕食宅配・お弁当コース20171211

この弁当のメニューは

タラの油淋鶏ソース、キャベツの白ドレサラダ、炊き合わせ(五目しんじょ・椎茸)、青菜のにんにく炒め、ごはん(産直金芽米使用)

です。

エネルギー489kcal たんぱく質14.9g 脂質9.5g 炭水化物84.5g 塩分1.7g

になります。

 

やはり、東都生協の夕食宅配(宅配弁当)で「栄養士おすすめ」の弁当は少し豪華になりますね。いい感じです。

そして、これもやはりですが、東都生協の夕食宅配ではお弁当コースがおすすめですね。ご飯は白飯にしろ炊き込みご飯にしろ美味しいです。

おかずも、おかずだけのコースとは違うものになっていて、おそらくよりご飯に合うおかずに調理してあるはずです。

ひとつ勘違いしていたのは、東都生協でもコープデリ(デイリーコープ)の舞菜シリーズと同じように必ず毎週火曜日に白飯以外の味付けご飯になると思っていました。

ですが、どうやら月曜日が多いようですね。火曜日の場合もあるようです。

 

さて、今回のお弁当コースですが、五目ごはんには、椎茸、人参、油揚げ、それと多分舞茸が入っていました。

薄めですが、程よい味付けになっていて美味しかったです。

メインのおかずのタラの油淋鶏ソースですが、こちらもゴテゴテした見た目ですが、とてもあっさりしたお味です。

一応タラは揚げてあるのだと思いますが、油っぽさはほとんどないです。あっさり感がありますが、上にたくさんお野菜が乗っていて、ソースと相性がよく美味しくいただけました。

しんじょと椎茸の煮物も、これまたあっさりなのですが、具材そのもののお味がよくて、物足りなくないです。

特に椎茸はいいお味ですね。東都生協で出る椎茸はよいお味のものばかりです。

 

東都生協の夕食宅配・おかずコース20171211

この弁当のメニューは

鶏の塩麹唐揚げ、煮物(花がんも・大根・椎茸)、ビーフン炒め、さつま芋のレーズン煮、きゅうりとわかめのサラダ、

です。

エネルギー397kcal たんぱく質14.3g 脂質22.4g 炭水化物33.6g 塩分3.1g

になります。

 

この弁当は父親と分けていただきました。

鶏の塩麹唐揚げは、焦げ気味に見えますが、塩麹をつけて揚げるとこうなるのでしょう。まったく焦げた味はなかったですし、鶏肉は軟らかくなっていました。

付け合わせのゆでたお葉は結構な量が付いてますね。相変わらず東都生協の付け合わせは、一品の料理に近いレベルのサービスです。

 

煮物は父親が食べて喜んでいました。特に椎茸が美味しいって言ってました。僕と同じ押しですね。お、親子なので舌も似ているのかもしれません。

ビーフンの炒め物も同じが必死に食べてました。お箸で食べにくそうに食べていたので、スプーンでも差し出そうかと思ったのですが、必死にお箸を使うことはボケ防止になりそうなので、そのまま頑張ってもらうことにしました。

美味しいから必死になって食べてるんだと、良いように解釈しときましょう。

 

さつま芋のレーズン煮は以前にこのブログでも紹介しましたね。凄い攻めのメニューです、と。

この料理はレギュラーメニューだったのですね・・・

なんか、もはや普通に見えてきました。というか、お味も普通に感じます。さつま芋とレーズン煮は合いますね。どちらもやさしい甘さです。

-東都生協の夕食宅配
-

© 2020 こせたん宅配弁当