宅配クック123

宅配クック123の「健康ボリューム食」を注文してみました

どうも!

こせたんです。

宅配クック123の「健康ボリューム食」を注文してみました。

宅配クックは「高齢者向け宅配弁当」と言い切る、はっきりとした方向性のあるお弁当宅配サービスです。

高齢者向けでも、ボリュームに特化したラインナップがあるという。。

気になったので、食べてみることにしました。

 

宅配クック123の「健康ボリューム食」

この宅配弁当のメニューは・・・

と、言いたいところですが、このお弁当のメニューや栄養成分は分からなかったです・・・すいません。

現在「食生活アドバイザー」の教科書に出てきた知識なのですが、デリバリーや仕出しのお弁当は、原材料や栄養成分をパッケージに表示する義務はないんです。

少し驚きですが。

コープの宅配弁当やワタミの宅食は、デリバリーや仕出しとは違うので、エネルギーや栄養成分が書いてあります。

「食事宅配」や「宅食」と呼ばれるようなサービスは、作っている会社と販売している会社が違うので、お弁当の詳細を表示するのが義務になります。

それに対して、自分の店舗で作る「お弁当屋さん」は、そういう義務がないんです。

 

ただ、宅配クック123は、ホームページで「普通食」だけは、毎日のメニューと栄養成分をアップしています。

さらに、配達員さんにあらかじめて頼んでおけば、各種類のお弁当のエネルギーがかかれたメニュー表をもらえます。

 

では、レポートして行きます。

全体の感想として気になったのは、「量が結構あった」ことと「薄味だった」ことです。

 

メインの鶏肉のグリルは、量たっぷり。

メインのおかずだとしても、この鶏肉の量はかなりのものですね。

一般的な宅配弁当のメインのおかずよりも、かなり多いです。

ただ、これだけお肉が入っているのに、付け合わせというか、一緒に野菜が入っていないのはあんまりないですね。。

あと、この鶏肉のおかずは、かなりの薄味でした。

 

キャベツ、人参、玉ねぎ、ヤングコーンなどを炒めて、とろみをつけてあるおかず。

こちらも量がそこそこ多いのですが、薄味ですね。

ヤングコーンは、やわらかくなってました。う~ん、さすが高齢者向け。

 

切干大根も、多いけど薄味。こればっかりですね。。

僕は薄味でも、けっこう美味しくいただける方です。

ただ、薄味が苦手な人はキツいんじゃないでしょうか。

お年寄りでも薄味が嫌な人もいますよね。。

 

漬物も塩分は控えめでした。ですが、かなり酸っぱさは強くなってます。

しかも、この漬物も「これでもか!」ってくらい入ってますね。。

以前に宅配クック123の「普通食」を食べてみた時に、「普通食」にしては量が多いなあと感じました。

「ボリューム食」だと当然それ以上になるわけですよね。。

なんというか、宅配クックは特徴がかなりはっきりしている宅配弁当のようです。

「多め、薄め、常温」が3大特徴かな。

 

最後のおかずはデザート?の小豆の甘煮です。

ぼ、僕はこういうの好きですが・・

な、なんか給食みたいですね。

失礼ながら、宅配クックは全体的に給食っぽいです。

 

ビニール袋に入れて、ご飯の容器と一緒に持って来てくれました。

 

ご飯の容器とおかずの容器は、なんと合体しています。

おかずの容器のふたが凹んでいて、ご飯の容器がピッタリはまってます。

 

ご飯はこのくらいの量。

健康ボリューム食は、おかずのみ606円(税込)、ご飯付きで660円(税込)です。

この量なら、かなり安い方です。

普通食がおかずのみ540円(税込)、ご飯付き594円(税込)なので、あんまり変わらないですね。

まあ、普通食も量が少し多めだったので、量もあんまり変わらないのかな?

 

おかずとご飯の比率はこんな感じ。

ご飯は適量です。

おかずの味が薄いから、ご飯があんまり進みませんでした。いや不味くはないんですが。。

 

ごちそうさまでした。

また注文してみようと思います!

 

-宅配クック123
-

© 2020 こせたん宅配弁当