食宅便のブログ

食卓便「鶏肉の時雨煮と鮭(サケ)の塩焼き」はバランスの良さげなメニューでした

食宅便・鶏肉の時雨煮と鮭(サケ)の塩焼き

この冷凍おかずセットのメニューは

鶏肉の時雨煮、鮭(サケ)の塩焼き、けんちん煮、白菜のクリーム煮、昆布と白滝とえのきの煮物

です。

エネルギー238kcal 蛋白質21.9g 脂質14.3g 炭水化物5.2g 食塩相当量1.5g

になります。

 

鶏肉の時雨煮は、なにやらとても美味しかったです。

「時雨煮」というと、佃煮のように甘辛くカリカリに煮込むものを連想しますが、こちらの鶏肉の時雨煮は、まったくそうではなかったです。

生姜を入れてよく煮込んだものでしょうか。

レシピは分かりませんが、なにやら美味しかったです。

鶏肉も煮込まれていて柔らかくなっていました。ですが缶詰のような感じとも違います。

う~ん。何がどう時雨煮なのか分かりませんが、美味しかったからオッケーです。

 

鮭(サケ)の塩焼きは、冷凍食品とは思えないくらい焼き魚感がありました。

食卓便の焼き魚は、冷凍食品だと感じさせないものばかりです。

まあ、冷凍食品の焼き魚というものは、あまり他では見かけないと思いますが。。

適度な塩加減の鮭の塩焼きでした。

メニュー名が「鮭(サケ)」となっているのは、商品名をそのまま書いた結果です。

「鮭」くらいなら、ほとんどの人が読めるんじゃないかな~。

 

けんちん煮は、たっぷりのお汁でひたひたになっていました。

う~ん、こぼれそう。。

ギリギリセーフでした。

お味は、意外にしっかり甘辛く付いていました。

椎茸から出汁が出て、しっかりとした味に感じただけでしょうか。

なにせ、弁当全体で1.5gのみの塩分ですからね。。

 

白菜のクリーム煮は薄味になっていました。薄味でしたが、クリーミーです。

こ、こちらもひたひたです。。

今回の食宅便は攻めてますね。。

ひたひた過ぎて、けんちん煮とこちらの白菜のクリーム煮は、スプーンで頂きました。

 

昆布と白滝とえのきの煮物は、濃い目に味付けされていました。

これはこの弁当の中では、漬物のようなポジションのようです。

ご飯と一緒に食宅便をいただく場合は、とても量が少ないものでも、こういった一品は嬉しいのだと思います。

まあ、僕はご飯と食宅便を一緒に食べずに、おやつ感覚で食事と別に食宅便のみで頂いてます。

 

今回の食宅便は、鶏肉の時雨煮をはじめとして、面白いメニューの構成になってました。

僕は珍しいメニューであればあるどほ嬉しく思う人間なので、今回の食宅便は大満足でした。

しかし、今回の食宅便はエネルギー238kcalなのに対して、蛋白質21.9gで食塩相当量1.5gという凄い栄養成分になってますね。。

僕は、食宅便は「低糖質セレクトコース」や「塩分ケアコース」、「たんぱくケアコース」などをわざわざ選択しなくても、普通の食宅便で十分過ぎるくらい高たんぱく低カロリーで、塩分が控えられていると思います。

食宅便は好きなメニューだけ食べていても、十分に栄養成分のバランスは良いです。

 

当サイトの食宅便の全ての記事はこちらになります。よろしければご覧ください。

コープの宅配弁当をもそもそ食べるブログ「食宅便の記事」一覧

 

-食宅便のブログ
-

© 2020 こせたん宅配弁当