食宅便のブログ

食宅便・低糖質セレクト「赤魚のソテーバター風味」をいただきました

食宅便・低糖質セレクト・赤魚のソテーバター風味

この冷凍弁当のメニューは

赤魚のソテーバター風味、豚肉のトマトソース、がんもの煮物、わかめともやしの中華和え、いんげんとコーンのごま和え

です。

エネルギー214kcal 蛋白質18.1g 脂質13.0g 炭水化物6.3g 食塩相当量1.7g 糖質2.5g

アレルギー 小麦、乳成分、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

になります。

 

赤魚のソテーバター風味、良い意味の硬さが残っていました。

多分、冷凍ではなく普通にソテーにしたとしても、こんな感じの硬さになるんじゃないかな~。

バターの風味がかなり強めです。

原材料をみると「バターフレーバーオイル」となっています。本物のバターじゃないのかな?

この原材料が良いものなのか、微妙なものなのかは僕には分かりません。

検索してみる限り、意外とお高いもののようです。

香りはかなり良いです。

付け合わせはアスパラガスです。食宅便はアスパラ大好きですね。。

 

豚肉のトマトソースは、豚肉ちょっぴりでした。

も、もう少し豚肉多くてもいいかな・・

副菜でも量が多いイメージの食宅便ですが、ここは意外ですね。

豚肉を多くするとエネルギーが一気に上がってしまうんでしょうか。

その豚肉とブロッコリーを一緒にトマトソースいただいたら、よく合っていました。

 

がんもの煮物には小松菜が添えられていました。

今回の食宅便には、全おかずに付け合わせの野菜がついてますね。

そして、それぞれの野菜の歯ごたえとか味など、いろいろ違って面白いです。

がんもは普通のがんもですね。食感は自然です。

豆腐製品は全般、冷凍しても食感が悪くならないようです。

 

わかめともやしの中華和えは、食宅便のおかずにしては濃い目の味付けでした。

もやしも食感が残ってます。いいですね。

 

いんげんとコーンのごま和えは薄味になっていました。

食宅便の容器のこの部分は小さいんだから、多少、味を濃い目にしてもいいんじゃないかな~。

 

原材料表示はこんな感じ。

 

冷凍弁当の中で食宅便はとても優秀な部類です。値段や味、栄養バランスなど死角がない感じ。

ただ、「丼」以外のおかずセットはほとんど200kcal~300kcalの間のエネルギー設定なんですよね。

もちろん、日清医療食品が意図的にやっていることだと思いますが、僕はこのエネルギー設定は微妙だと思います。

なぜかと言うと、今回の「低糖質セレクト」のようなダイエット目的で買う人が多いようなメニューは、200kcal~300kcalだとエネルギーが低すぎるからです。

ダイエット目的でなく食宅便を買う人ならば、200kcal~300kcalにご飯とみそ汁などを足せば、ちょうど1食分になって良い感じです。

でも、低糖質ダイエットなどをしている人ならば、食宅便にご飯を足すとは思えません。

ご飯を足さずに食べると、1食200kcal~300kcalでは、いくらダイエット中でもエネルギーが低すぎます。

400kcal前後でしっかり糖質が控えられたメニューならば、何も考えずにそれだけ食べていればダイエットになります。

他のメーカーの冷凍弁当では、300kcal~400kcalで、糖質を控えたものが出始めています。

多分、上記のような意図で、そういう冷凍弁当を作っているはずです。

食宅便もエネルギーを200kcal~300kcalに固定せずに、ダイエット用にもう少しエネルギーの高い冷凍弁当を作ってみるべきなんじゃないかな~

と思う今日このごろです。

 

-食宅便のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当