ワタミの宅食のブログ

南瓜とさつま芋のそぼろあんが美味しかったまごころ御膳でした

ワタミの宅食・まごころ御膳20181205

このお弁当のメニューは

サバの味噌煮、白飯、南瓜とさつま芋のそぼろあん、白菜と薄揚げの和え物、ほうれん草と高菜のソテー

です。

熱量471kcal たんぱく質12.8g 脂質11.4g 炭水化物74.9g 食塩相当2.1g カリウム514mg カルシウム52mg

になります。

 

サバの味噌煮はよく脂がのっていて、柔らかく煮てありました。

相変わらずワタミの宅食のお魚料理は安定の食べやすさです。

脂がのっていない魚の方が珍しいくらい。。

ほどよく柔らかいれんこんの煮物が、結構な量、下にしかれていました。

おかず一品分くらいありました。

 

南瓜とさつま芋のそぼろあんは、甘さを抑えた南瓜とさつま芋の煮物の上に、たっぷりそぼろあんがかかったおかずでした。

もともと甘さが抑えて煮てある上に、しっかりと味のついたそぼろあんがたっぷりかかっていたので、全体として甘くはないです。

そぼろあんは良い味でした。

原材料名にある「八方出汁」で上手く味を付けているのでしょう。

一応(失礼)、ワタミの宅食の売りは「出汁を利かせた味」です。

 

白菜と薄揚げの和え物はこんな感じでした。

こちらはかなり薄味です。

具は、比較的細かく刻んであります。

ワタミの宅食は、お葉物が細かく刻んであることが多いですね。

お年寄りにとっては、肉や魚よりも、野菜などの繊維の方が上手く噛めない場合があるのかな。。

僕の父がそういうことをよく言います。一般的なことなんでしょうか。。

 

ほうれん草と高菜のソテーには、もやしが入っていました。

高菜よりも、もやしの方がたくさん入ってますね。。

まあ、もやしのおかげで、食感がよくなってました。

 

ごちそうさまでした。

しかし、ワタミの宅食に出る魚は、ほんと脂がよっているものばっかりです。

 

-ワタミの宅食のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当