まごころケア食・塩分制限食「サバの照り焼き弁当」を食べました

まごころケア食・塩分制限食「サバの照焼き弁当」

メニュー

・サバの照焼き
・はんぺんと野菜の田舎煮
・ピリ辛こんにゃく
・ブロッコリーとベーコンソテー
・もやしとザーサイ炒め

栄養成分

エネルギー257kcal たんぱく質11.4g 脂質15.7g 炭水化物17.7g(糖質13.5g 食物繊維4.2g) 塩分1.8g カリウム385.2mg リン147.4mg

アレルギー えび、小麦、卵、乳成分、ごま、さば、大豆、鶏肉、豚肉、りんご

値段は買い方による。1食462円~594円(税込)。送料無料。

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

まごころケア食の塩分制限食7食セットを買って、今回が最後の1食になりました。

7食目にして、ついに1.8gという塩分最小記録が出ました。。

これ以外の塩分制限食7食セットのほとんどは、規定ギリギリの塩分2.0gのメニューという結果。

これは多分、偶然じゃないんじゃないかなぁ。

結論としては、まごころケア食の塩分制限食はどのメニューも規定ぎりぎりの2.0gの塩分を使っていて、うす味に感じることはほとんどない、という感じです。

主食をどうするかにもよりますが、うす味が苦手な人でも、問題なく食べられる味の濃さだと感じました。

というか・・・

まごころケア食は他のコースもほとんど塩分2.0gくらいですよ・・・

少なくとも「健康バランス」や「糖質制限食」は、ほぼどのメニューも塩分が2.0g以下。

カロリー調整食やたんぱく調整食は注文したことがないですが、ベーシックコースの「健康バランス」より塩分が大幅に多いとは思えません。

たんぱく調整食は同じか、むしろより塩分が低くなっている可能性の方が大きいはず。

なので、塩分に関しては「まごころケア食」は塩分に関しては何も心配せず、どのコースでも好きに注文してよい、というのが僕の感想です。

 

さて、その塩分的にあまり意味がなかった塩分調整食の最後の1食をレビューしていきましょう。

まず、メインのサバの照焼きは、見た目通りの甘辛さでした。

塩分調整食の主菜が、醤油とみりんががっつりきいたサバの照り焼きだという。

一緒に入っているのは、メニューでは一応一品扱いになっていたもやしとザーサイ炒めです。

 

甘辛い上に大きなサバでした。こ、これで塩分が調整されているという。すごいです。

 

はんぺんと野菜の田舎煮も、濃い味というわけではありませんが、うす味とは言えない味付け。

 

程よい食感でした。

 

ピリ辛こんにゃくは、ほぼこんにゃくには見えません。

 

ナンプラーや鷹の爪が入っていると書いてあるのですが、ほんの少しなんでしょう。まったく辛くなく、癖のない味でした。

 

ブロッコリーとベーコンソテーも、はやりうす味とは言えない味付け。

 

このおかずでも、十分にご飯が食べられます。

いや、こんなにうす味ではない塩分調整食も珍しいかも。

 

パッケージはお金がかかっていなそうなシンプルさ。

 

正面から撮った写真はこう。

 

原材料表示は、おかず名別になっています。

 

こせたん
ごちそう様でした!

まごころケア食の塩分制限食は、まったくうす味じゃないです!

 

-まごころケア食
-

© 2022 こせたん宅配弁当