コープの冷凍弁当のブログ

コープデリ(デイリーコープ)の冷凍弁当・栗山菜炊き込みご飯/しらすと桜海老ごはんを注文しました

コープデリ・冷凍弁当・栗山菜炊き込みご飯&秋田芋煮風

この弁当のメニューは

栗山菜炊き込みご飯、秋田芋煮風、切り干大根とじゃこ煮

です。

エネルギー354kcal たんぱく質12.0g 脂質7.5g 炭水化物56.7g 食塩相当量2.4g

になります。

 

栗の炊き込みご飯というと、栗1個や半分くらいのものがゴロっと入っているイメージなのですが、こちらは細かく刻まれた栗の炊き込みご飯です。

「原材料配合割合」として、栗7%、山菜しょうゆ漬け5%となっています。面白いですね。

栗と山菜の他に、鶏肉や油揚げ、こんにゃくなどが入っていますが、全てが細かくなっていて、食べやすくなっています。

ご飯ものの冷凍食品として、このブログでは食宅便の冷凍チャーハンや冷凍中華丼などもレポートしたことがあるのですが、こちらの炊き込みご飯の方が美味しかったです。

「冷凍食品に感じられない」という程ではありませんが、冷凍食品としては十分に美味しいと思います。

 

「芋煮」というと東北地方の料理というイメージがあります。各県によって芋煮の具材は変わってくるようですが、どうやら芋煮の芋は里芋の場合がほとんどのようです。

ごぼうや人参、大根、油揚げ、きのこ類を入れるのが一般的らしいです。

肉は牛、豚、鶏の全てが、それぞれの地方によって使い分けられます。

こちらの「秋田芋煮風」には、里芋と鶏肉が使われていました。しらたきときぬさやも入っています。

 

切干大根の料理には、じゃこが入っていました。なので、少しだけ苦みが入っている切干大根のお味になっていました。いいですね。

 

コープデリ・冷凍弁当・しらすと桜海老ごはん&さば塩焼き

この弁当のメニューは

しらすと桜海老ごはん、さば塩焼き、野菜煮、いんげんと人参のごま和え

です。

エネルギー385kcal たんぱく質12.2g 脂質9.8g 炭水化物58.5g 食塩相当量2.6g

になります。

 

こちらのしらすと桜海老ごはんも、小さく切られている具がたくさん入っています。

にんじんや葉大根が入っているようです。

こちらのごはんにも「原材料配合割合」として、しらす4%、桜海老2%となっていました。

ぱらぱらとした炊き込みご飯になっていて、食感はちょうど良いです。

「おうちで駅弁気分」のシリーズのご飯部分にはハズレがないようです。

 

さば塩焼きに関しては、不味くはなかったです。

ただ、このブログで紹介している、コープデリの冷凍おかずとして注文可能な「食宅便」の冷凍の魚料理には遠く及ばない味ですね。

食宅便の魚料理は美味しかったです。

にんじん、しいたけ、れんこんの煮つけも、そこそこの味にはなっていますが、食宅便の冷凍おかずの方が味が上だと思います。

 

いんげんと人参のごま和えは、予想外によいお味になってました。おそらくいんげんという食材が冷凍食品にしても、美味しくいただける食材なのでしょう。

 

コープデリの冷凍弁当には販売者マルハニチロと書いてありますが・・

今回いただいた冷凍弁当「おうちで駅弁気分」のシリーズは、販売者がマルハニチロとなっています。

缶詰などで有名なメーカーです。

なので、コープデリの冷凍おかずを作っている食宅便のように、マルハニチロも独自に販売しているのかを調べましたが、売っていないようです。

コープデリの冷凍弁当としてのみ製造しているのでしょう。

マルハニチロは缶詰以外にも冷凍食品も製造しているので、コープデリ依頼を受けてこの冷凍弁当を作っていることは間違いないでしょう。

「おうちで駅弁気分」には、どのにも「coop」の文字がないので、もしかすると、小売りではなく業者向けには、コープデリ以外にも販売しているのかもしれません。

 

味に関しては、ご飯部分がかなり美味しい印象です。このブログを始めた当初にも1度、この「おうちで駅弁気分」を注文して食べているのですが、その時も、ご飯の部分が美味しかった記憶があります。

ただ、おかず部分に関しては、まあ普通の冷凍食品ですね。おかずに関しては食宅便(コープデリの冷凍おかず)の方が美味しいと思います。

そして、食宅便のご飯ものはイマイチだという・・・

分かりやすくていいですね。

-コープの冷凍弁当のブログ
-

© 2020 こせたん宅配弁当