ワタミの宅食のブログ

ワタミの宅食のまごころおかず「銀ヒラスの塩こうじ焼き」をいただきました

どうも!

こせたんです。

久しぶりに(どのくらい久しぶりかは思い出せません・・)、ワタミの宅食で「まごころおかず」を注文しました。

「まごころおかず」はおかずのみ5品のお弁当です。

1食あたり20品目以上の食材を使用。食塩相当量は3.5g以下。エネルギーは平均400kcal。野菜量は100g以上。なんて特徴のお弁当です。

冷蔵状態で運ばれてきて、レンジで温めて食べるタイプです。

 

こせたん
要するに、一番普通の宅配弁当でしょ。

 

うん・・そうだね、こせたん(アイコン)・・

でも、その言い方だと身もふたもないから、もう少し上手いこと言ってね?

 

で、ではレビューをしてきます。。

 

ワタミの宅食・まごころおかず「銀ヒラスの塩こうじ焼き」

このお弁当のメニューは

銀ヒラスの塩こうじ焼き、野菜のピリ辛そぼろのせ、玉子とほうれん草の炒め和え、豆豆サラダ、人参と薄揚げの金平

です。

熱量352kcal たんぱく質17.8g 脂質21.1g 炭水化物22.3g 食塩相当量3.3g カリウム667mg カルシウム86mg

アレルギー 小麦、卵、乳成分、落花生

になります。

 

う~ん、久しぶりの「まごころおかず」は、主菜が魚ですね。

ワタミの宅食の魚料理は、必ずやわらかく、必ず脂がのってるんですよ。

今回の銀ヒラスの塩こうじ焼きも、いい感じでした。

み、見た目は変な感じですね。。

塩こうじ焼きだから、こんな見た目なんでしょうか?

それとも、銀ヒラスの皮ってこんな感じなんだっけか?

「銀ヒラス」はコープの宅配弁当でもよく出ました。

普通っぽい白身の魚だったのですが、皮がこんなについていることはなかったですね。

食べてみたところ・・・

めっちゃやわらかくなってました。

皮もやわらかかったです。むしろ身より皮の方がやわらかかった。。

やっぱり、ワタミの宅食の魚料理にはハズレがないです。

さらに、この銀ヒラスの塩こうじ焼きの下に、付け合わせのれんこんの煮物がたっぷり敷かれてました。

たまに、狂ったようにれんこんを敷き詰めますね。ワタミの宅食さん。。

このれんこんもやわらかくなってました。

 

野菜のピリ辛そぼろのせは、ほとんどピリ辛ではなかったです。

そぼろを丸めて野菜の上のコロっと置くのは、ワタミの宅食の良く出す料理です。

このまま食べてもよし、野菜の混ぜてもよしです。

僕は下のお野菜と混ぜ混ぜしていただきました。

 

玉子とほうれん草の炒め和えは、こんな感じです。

容器のこの部分は、小さく見えますが、意外に量が多い。

 

豆豆サラダは、何が「豆豆」なのか分かりません。

原材料には「枝豆、赤インゲン、大豆水煮」となっています。

だからでしょうか。

それなら「豆豆豆サラダ」でいいんじゃないでしょうか。

 

人参と薄揚げの金平は、結構甘辛くなってました。

やっぱり、ワタミの宅食はコープの宅配弁当に比べると、悪い言い方をすると市販のお弁当に近く、良い言い方をすると、しっかり味付けされている、と感じます。

 

原材料表示はこんな感じ。

 

外側のパッケージはこんな感じです。

 

ご飯が欲しくなっちゃうな~。まごころおかずは。

ごちそう様でした!

 

-ワタミの宅食のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当