ワタミの宅食のブログ

ワタミの宅食の冷凍弁当・いつでも五菜「八宝菜」を食べました

ワタミの宅食の冷凍弁当・いつでも五菜「八宝菜」

この冷凍弁当のメニューは

八宝菜、しゅうまい、蓮根とひじきの煮物、春雨の中華和え、ブロッコリーとコーンの和え物

です。

エネルギー320kcal たんぱく質13.3g 脂質20.4g 炭水化物22.6g 食塩相当量2.6g

アレルギー 小麦、えび、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン、魚醤

になります。

 

現在、ワタミの宅食で普通のお弁当と一緒に注文できる冷凍弁当「いつでも五菜」を試しています。

今回で「いつでも五菜」の2食目です。

前回と似たような感じの栄養成分になってますね。

同じおかず5品の「食宅便」と比べると、ワタミの宅食の冷凍弁当「いつでも五菜」は、エネルギーと炭水化物&脂質量が高く、たんぱく質量が低めになっています。

う~ん、これはダイエット的にはマイナスですね。。

ただ、こういう部分を見ても、ワタミの宅食は高齢者向けの宅配弁当メーカーなのだなと感じます。

高齢者ならば、そこまでたんぱく質優先の食事をするべきではないですし、エネルギーや糖質なんかも、ダイエット目的で過度にカットする必要もないと思います。

高齢者なほど、昔ながらの「お弁当」が食べたいんじゃないかな。

高たんぱく低カロリーのお弁当の需要がそこまでないのかも。

 

宅配弁当メーカーは、少しずつ、売れるお弁当を作るようにシフトしていくはずです。

ワタミの宅食の冷凍弁当は、こういう栄養バランスが「正解=需要あり」になっていると思われます。

 

メインの八宝菜には、海老と肉がそこそこの割合で入っていました。

凄く美味しいわけではないのですが、不味くもないですね。

味付けの方向性は、食卓便とは少し違います。

じゃっかん野暮ったい味ですし、言い換えると「昔ながらの味」かな。

 

しゅうまいは、ガッツり2つです。

なぜか、下にほうれん草がたっぷりしかれていました。

なぞのほうれん草した下敷きです。

しゅうまいと一緒に食べてみましたが、なかなかでした。

 

蓮根とひじきの煮物は、こんな感じ。

蓮根は、れんこんですね。

写真だと蓮根の量がイマイチ分かりませんが、結構入ってます。

れんこんは、ワタミの宅食の「まごころ」シリーズでもよく登場する食材です。

ワタミの宅食では、普通の宅配弁当と冷凍弁当で、食材を共有しているんでしょうか。

 

春雨の中華和えには、豆もやしが入っていて、食感が良くなっていました。

う~ん、この青色の容器の部分に、豆もやしと赤ピーマンの春雨を入れてくるのは、なかなかセンスがありますね。

 

ブロッコリーとコーンの和え物は、かなり柔らかくなっていました。

この硬さは、冷凍弁当メーカーの中では最も柔らかいレベルです。

やっぱり高齢者向けを意識した冷凍弁当なのかな~。

 

パッケージは比較的地味。

 

ラベルには、原材料表示と共に一応メニュー名があり、栄養成分表示もあります。

 

これはお年寄りにおすすめできる冷凍弁当かもしれませんね。

あんまり「栄養・栄養」していない、普通の冷凍弁当です。

 

-ワタミの宅食のブログ
-

© 2020 こせたん宅配弁当