宅配クック123

宅配クック123・普通食「いわし紀州煮と肉入り野菜炒め」を食べました

宅配クック123・普通食「いわし紀州煮と肉入り野菜炒め」

メニュー

・いわし紀州煮
・オクラのお浸し
・さつま芋煮
・肉入り野菜炒め
・鶏レバー煮
・あみ佃煮
・ごはん

栄養成分

エネルギー490kcal たんぱく質17.2g 脂質6.1g 炭水化物88.1g 塩分1.7g

値段は594円 税込み・送料無料

 

久しぶりに「高齢者専門宅配弁当・宅配クック123」を注文してみました。「高齢者専門」ですが、高齢者でなくとも注文できます。謎な売り文句ですね。

 

まず、メインのいわし紀州煮ですが、自然なやわらかさでした。

骨は入っていないと感じるくらいやわらかくなっていました。たぶん、食べられるくらい骨をやわらかく煮る方法だと思います。

イワシやサンマをいかにやわらかく煮るかって、その宅食の腕の見せ所なんですよね。

僕はコープデリや東都生協、ワタミの宅食のイワシやサンマをたくさん食べてきましたが、宅配クックのイワシも良い感じです。かなり自然。

なお、「紀州煮」ですが、梅の味はほとんどしませんでした。

あと、一緒に入っていたオクラも硬すぎずやわらか過ぎず、美味しく煮てありました。まあ、付け合わせなのにメニューで一品に数えちゃっているのはご愛敬。

 

さつま芋煮は、わずか~に砂糖が入っているのかな?

ほぼ芋そのままの甘さ。

 

肉入り野菜炒めは美味しかったですが、もう少し量が欲しいところ。

まあ、おかず品数は多いので、一品一品は少ないんですね。

ちなみに、宅配クックには「普通食多め」というオーダーもあります。

 

鶏レバー煮は、程よい味で良い感じ。

これももうちょっと欲しいけれど、高齢者向けの宅配弁当なので、こんなもんなんでしょう。

 

あみ佃煮はうす味です。宅配クックは全体的に味がうすい。

うす味ですが、ごはんは欲しくなるやつ。

 

そのご飯もやはり少し小さ目な宅配クックさん。

+50円でごはん付きになります。

 

ビニール袋に入れて常温で配達してくれます。常温です。冷凍でも冷蔵でもないです。

夏場はクーラーボックスに入れて運ぶとのこと。

今まで受け取った時に触ってみても、熱くなっちゃってることも、冷たいこともないですね。

 

おかずの容器とお弁当の容器は合体気味。

 

しかし、こんなかっこいい容器の宅配弁当は他にないです。

 

パカっとあけると、意外と普通の見た目になります。

 

宅配クックやまごころ弁当のようなフランチャイズのお弁当屋さんは、デリバリー扱いになり、細かい栄養成分やアレルギー成分、添加物などの表示がないんですよね。

正直、僕はそれが一番のデメリットだと思ってます。

ホームページには、一応メニューと栄養成分が書いてあります。

 

ごちそう様でした。

う~ん、高齢者ではない僕が食べてもなかなかイケる宅配クック123です。

 

-宅配クック123
-

© 2020 こせたん宅配弁当