食のそよ風

食のそよ風・プチデリカ「鯖(サバ)の味噌煮」は満足感が高ったです

食のそよ風・プチデリカ「鯖(サバ)の味噌煮」

この冷凍弁当は

メニュー

鯖(サバ)の味噌煮、揚げ茄子のトマトソースがけ、ツナとコーンの白和え

栄養成分

エネルギー284kcal たんぱく質17.3g 脂質20.4 炭水化物7.7 塩分1.4g

アレルギー成分 小麦、乳成分、ごま、さば、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

になります。

 

今回のセットで「食のそよ風『プチデリカ』」のお試しセット5食分を食べ終わりました。

う~ん、結構良かったですよ。「プチデリカ」。

まあ、製造している「トオカツフーズ」は、もともと美味しい(けれど少し高い)冷凍弁当を作るメーカーですし、ワタミの宅食くらい有名どころが外注するメーカーでもあります。

なので、美味しいのはある意味当然ですね。

おかず3品で、1食あたり395円(税抜)という価格設定も良い感じです。

あとは送料ですね・・

定期購入で送料無料とのことですが・・

う~ん、宅配弁当ライターの僕的には食のそよ風ばっかり食べてもいられないので、定期購入はなかなかできないんですよね。。

月に1回10食分が定期購入の最低食数のようなので、それ以上の頻度で食べたい場合ならオッケーなんですが。。

 

メインの鯖の味噌煮は、中くらいの大きさの鯖が2つ入っていました。

長ネギと小松菜が付け合わせです。

鯖味噌に長ネギを付けるレシピは、たまに見ますね。定番なのかな?

味噌とねぎが合うから付けるんでしょう。

鯖はやわらかくなっていて、脂のノリ具合はほどほど。

冷凍弁当の鯖にありがちな「缶詰感」も、ほぼなかったです。

 

揚げ茄子のトマトソースがけはチーズがのっていました。

茄子は揚げてあるので、全体として結構こってりというか、まろやかな味になってました。

チーズの溶け具合が少し足りなかったかな・・

いや、難しいんですよ。冷凍弁当のチーズの溶かし加減。

いつも苦労します。

たっぷりやっちゃうと、他のおかずを温め過ぎちゃう場合があるんですよね。

冷凍弁当のおかずにとろけるチーズがのっている場合は、いつもきれいに溶かすのに苦労してます。

 

ツナとコーンの白和えは、ちょっと変なおかずでした。

これはどうかな・・

見た目からすると、ツナとコーンの和え物ですよね。こういうおかずはよくあります。

でも、これは「白和え」で、お豆腐がかなり多いようです。そして薄味・・

見た目と味のギャップが大きかった・・

僕はそういうの、嫌いではないです。

でも、こういうのは好き嫌いの別れるところだと思いますよ。

ましてや、メニュー名がホームページにしか書いてない冷凍弁当なので、「これは何を食べさせられてるんだ」感が出ちゃうと思うな~。

味も栄養価も良いおかずではあるんですが。

 

正面からの写真はこう。

 

パッケージはシンプルで、一応中が見える仕様。

 

ラベルには賞味期限や栄養成分など。

製造所が「トオカツフーズ」、販売者が「ユニマット」ですか。

どっちもガチガチの鉄板メーカーですね。そりゃショボいものは出てこないはずです。

 

5食分「食のそよ風」を食べてみた感想としては・・

も、もう少し食べてみたくなりました。

ただ、お弁当のラインナップはあんまりないんですよね。

今回食べた「プチデリカ」と、国産食材が売りの「国産プレミアム」、やわらか食の「そよ風のやさしい食感」。

僕の文章、間違ってないですからね?

「そよ風のやさしい食感」という名前のコースです。

狙ってるのか、面白いことになってるコース名ですね。。

他の2コースが普通に「プチデリカ」「国産プレミアム」なのに。

例えるなら、飼い犬3匹の名前が「ハナちゃん」「マロン君」「凛々しい柴犬」、みたいなもんですよね。。

他の2コースが普通のコース名なだけに、余計に「それコース名なの?」という突っ込みたくなる気持ちが強くなる感じです。

 

は、話がそれましたが、食のそよ風はもう少し食べてみようと思います。

その都度購入すると送料が高いですけど。。

 

-食のそよ風
-

© 2020 こせたん宅配弁当