食のそよ風

食のそよ風・プチデリカ「牛肉の塩だれ炒め」は濃い目のしっかり味付けでした

どうも!

こせたんです。

今回食べた食のそよ風・プチデリカ「牛肉の塩だれ炒め」はかなり濃い目の味付けでした。

これまで食べた「プチデリカ」も、やはりこういった冷凍弁当の中では濃い目の味付けなものが多かったです。

多分、しっかりした味付けは「プチデリカ」もしくは「食のそよ風」全体の味の特徴なんだろうと思います。

 

食のそよ風・プチデリカ「牛肉の塩だれ炒め」

この冷凍弁当は

メニュー

牛肉の塩だれ炒め、ツナとほうれん草和え、くるみあんこ

栄養成分

エネルギー200kcal たんぱく質8.4g 脂質10.6g 炭水化物17.8g 塩分1.4g

アレルギー成分 小麦、乳成分、牛肉、くるみ、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、ゼラチン

になります。

 

牛肉のそいされ炒めは、塩分が全体で1.4gと少ない割には濃い目の味付けでした。

メニューの一つ「くるみあんこ」が完全にスイーツになっていて、塩分がほぼ使われていないからでしょうか。

まあ、あんこにも塩分は使われているはずですが。。ちょっとだけだと思われます。

話を牛肉の塩だれ炒めに戻して、これ、野菜がたくさん使われてます。

牛肉の下にもたっぷり野菜が入ってました。

野菜はキャベツ、人参、ピーマン、木耳など。

野菜の味も濃い目。

牛肉の量もまずまずの良いおかずでした。

 

ツナとほうれん草和えは見た目が鮮やかで面白い感じですが、味は超普通なツナの和え物です。

赤ピーマンを少し入れただけで、随分違う感じになりますね。

このおかずも結構濃い目。

「プチデリカ」はご飯が欲しくなるおがずが多いです。

 

くるみあんこは、完全なスイーツでした。

おかずが3品なのに、1品をスイーツにしてしまう大胆さ。

ありだと思います。

まあ、そのスイーツが美味しければ、の話です。

この「くるみあんこ」は良かったです。

くるみとあんこ、合いますね。

でもこれ、メニューをあらかじめ読んでないと、あんこ+くるみだと知らずに(スイーツだと知らずに)食べちゃったら大惨事なような気もします。

 

正面写真。色とりどり。

 

パッケージは、正方形っぽいシンプルなやつ。

 

ラベルにはメニュー名が書いてないです。ここは書いて欲しいところ。

製造者は「トオカツフーズ」ですね。

このブログでは、トオカツフーズが他にも登場しています。

トオカツフーズ自身が作っている「おまかせ健康三彩」や、ワタミの宅食の冷凍弁当「いつでも三彩&五彩」です。

トオカツフーズはOEMが多いメーカーなのかな。

ただ、気になるのが、「おまかせ健康三彩」、「いつでも三彩&五彩」、そして今回の「プチデリカ」は、それぞれ味の印象が違うんです。

それぞれ、材料費や栄養成分の縛りなんかで味が変わっているのかな。

どれもレベルが高い冷凍弁当なことは間違いないです。

 

-食のそよ風
-

© 2020 こせたん宅配弁当