食宅便のブログ

食卓便・おうちdeヘルシー丼「五穀米と豆乳ソースのチキンドリア風」を食べました

どうも!

こせたんです。

食宅便の「おうちdeヘルシー丼」のシリーズを試しているのですが、イマイチ感触が良くないんですよね。。

食宅便はガンガンメニュー数を増やしているのですが、その割には「おうちdeヘルシー丼」は十数種類のまま、増えません。

食宅便側も「おうちdeヘルシー丼」はオマケ扱いなのかな・・

 

もしくは、非常にコアな需要を狙ったメニューなのかもしれません。

塩分量がかなり抑えられていることから、「特定の疾患の人でも食べられる丼物」という扱いなのかも。

だって、普通の食宅便のメニューでも総塩分量が2.0gくらいあるものが多い中、今回食べたおうちdeヘルシー丼「五穀米と豆乳ソースのチキンドリア風」は、米がたっぷり入っているメニューに関わらず、総塩分量が1.3gと超減塩になってます。

ご飯なしのおかずセットよりも、ご飯付きの丼物の方が、美味しく食べるためには塩分が多く必要です。

そのことも考慮すれば、今回の「五穀米と豆乳ソースのチキンドリア風」が一般的な食宅便のセットと比べて、相当な減塩になっていることが分かるかと思います。

 

もちろん、内容量300g・エネルギー480kcal・塩分1.3gの割には、薄味でも食べやすく作られているのだとは思います。

豆乳クリームがたっぷりかかっていて、なるべく薄さを感じないようにはしてあるんじゃないかな。

でも、普通の人が「ちょっとヘルシーな丼物」として食べるには、減塩過ぎですね。

 

食卓便・おうちdeヘルシー丼「五穀米と豆乳ソースのチキンドリア風」

この「五穀米と豆乳ソースのチキンドリア風」の原材料は

ターメリックご飯[うるち米(国産)、五穀(大麦、もちきび、もちあわ、アマランサス、いりごま)、バターフレーバーオイル、鶏肉、豆乳、ホワイトソース、玉ねぎ、ナチュラルチーズ、トマト、トマトジュース漬、などです。

エネルギー480kcal たんぱく質15.5g 脂質17.9g 炭水化物64.2g 食塩相当量1.3g

アレルギー 小麦、乳成分、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、りんご、ゼラチン

になります。

 

味的にやさし過ぎて盛り上がらないこともさることながら、見た目的にも盛り上がらないですね。。失礼ながら。。

「五穀ご飯」となっていますが、ターメリックライスなので、写真に撮っても五穀がよく分からなかったです・・

 

鶏肉もそれなりに入ってはいますが、たっぷりというレベルではないです。

 

アップはこんな感じ!

あ、うん、こんな感じ・・

豆乳クリームはたっぷりかかっています。それはそれはたっぷり。

豆乳クリームが見どころですね。このおうちdeヘルシー丼の。

 

う~ん・・・

例えば、食宅便の「塩分ケア」のメニューで薄味のメニューがあったとしても、ここまで薄味には感じないです。

なぜなら「減塩メニュー」だと分かって食べているからです。

その上、食宅便の「塩分ケア」メニューは、減塩を感じさせない工夫がたくさんあるので、その意味でも薄いことが気になりません。

 

でも「おうちdeヘルシー丼」でここまで減塩にしちゃう意味があるかな・・・

普通の食宅便の塩分が1.3gならば、一緒に食べるご飯の量を自分で調整すればいいだけですが、丼ものだとそれもできませんし。。

 

「おうちdeヘルシー丼」は、すべて塩分2.0g以上くらいに固定するか、もしくは減塩に作ってあるメニューだけは、減塩の示唆表示をどこかに入れた方がいいんじゃないかな~。

 

僕は1年半くらい前に、おうちdeヘルシー丼の「10種類の食材を使った中華丼」を食べました。

今も、「10種類の食材を使った中華丼」はおうちdeヘルシー丼のメニューの中に残っています。

ですが、実は(僕の勘違いでなければ)、1年半くらい前に食べた「10種類の食材を使った中華丼」は、塩分が極端に低く1.0gで、現在の「10種類の食材を使った中華丼」は塩分が2.2gに変更されています。

メニューを考えている人が改良したのか、もしくはユーザーの意見を聞いて塩分量を変更したのでしょう。

やはり、僕みたいに「丼物・ご飯ものは、ある程度の塩分量がないと美味しくいただけない」という人が多いのではなかなと考えます。

 

パッケージはおうちdeヘルシー丼専用のもの。

厚みというかマチというかが付いているパッケージです。おうちdeヘルシー丼の容器は、普通の直宅便の容器より盛り上がってます。

 

原材料表示はこんな感じ。

 

いろいろ文句を書いてしまいましたが、ごちそう様でした!

 

-食宅便のブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当