食宅便のブログ

食宅便・心づくし弁当「鶏肉のしゃも鍋風」を食べました

食宅便・心づくし弁当「鶏肉のしゃも鍋風」

メニュー

・鶏肉のしゃも鍋風
・帆立のにんにく土佐炒め
・ナスのたたき
・枝豆つまみ揚げ
・きゅうりと沢庵のパリパリ和え

栄養成分

エネルギー232kcal たんぱく質16.4g 脂質12.2g 炭水化物14.2g 塩分1.6g

アレルギー成分 小麦、ごま、さば、大豆、鶏肉、魚醤

 

な、なんか「心づくし」されているような見た目ですね!

 

鶏肉のしゃも鍋風は、もりもりの量でした。

確かに鍋風なような。汁は入っていませんが。

しゃもにお肉はとても美味しかったですが、もうちょっと欲しいところ。お高いんでしょうか。

 

実は、下に野菜がた~ぷり入ってます。この野菜量。

ねぎ、春菊、ごぼう、ぶなしめじ、人参が、良い味になっていました。

心づくし弁当は量が多めですね。

 

帆立のにんにく土佐炒めは良い香りでした。

にんにくのにおいなのですが、キツくはなかったです。

このセットを開けた瞬間に良い香りがしたんですが、おそらくこの「帆立のにんにく土佐炒め」からだと思います。

 

ナスのたたきはこんな感じ。

なんかこだわりがありそうなおかずに見えます。

味は良かったんですが、どう「たたき」なのか分かりませんね。。

心づくし弁当は、主菜以外も全品少しずつパワーアップしている感じです。

 

枝豆つまみ揚げも美味しかったです。

枝豆とコーンと玉ねぎ?が小麦粉でまとめて揚げてあるのかな?

う~ん、さっきのナスのたたきにしろ、おかず別の原材料名や調味料名が書いてくれてあったら、なぜ美味しいのか分かるんですが。。

これ、結構重要なことだと思いますよ。

高級料理はメニューを見たり聞いたりしながら食べますよね。あれは、その方が美味しく感じるからです。

良い材料を使ったおかずならば、原材料名は細かく書いてあった方が絶対に嬉しいですよ。

 

きゅうりと沢庵のパリパリ和えは、残念ながらパリパリじゃなかったです。

僕はこういうのでもいいですし、こういうものでも温かい方が好きです。

ただ、このブログへのお問い合わせの中に「漬物が温まって嫌だ」というものもありました。

冷凍弁当って難しいですね。

 

パッケージは新しいスケスケのやつ。左上には筆記体で「Premium」と書いてあります。

心づくし弁当は、Premiumな食宅便のコースなんですね。

 

正面からの写真。

う~ん、プレミアムな見た目です。ぼ、僕にはそう見えます。

 

先ほど書いた通り、おかず別にはなっていない原材料表示。

 

ごちそう様でした。

食宅便の「ちょっと高い」限定コースや限定メニュー(季節限定も)は、今まで大体美味しかったです。

この「心づくし弁当」は、細かいツッコミはあるものの、全体的には十分に「通常メニュー+100円くらい」のもとが取れる内容だと思います!

 

-食宅便のブログ
-

© 2020 こせたん宅配弁当