ライザップ・サポートミール「卵やきのそぼろあんかけ」を食べした

ライザップ・サポートミール「卵やきのそぼろあんかけ」

メニュー

・卵焼きそぼろあんかけ
・蒸し鶏と小松菜のたらこ和え
・野菜ピリ辛炒め、枝豆とコーン
・ブロッコリーのごま和え

栄養成分

エネルギー270kcal たんぱく質18.2g 脂質15.8g 炭水化物12.8g 糖質10.0g 食物繊維2.8g 塩分2.5g

アレルギー成分 卵、乳成分、小麦、ごま、大豆、鶏肉、ゼラチン

値段883円(税込) 送料800円

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

ライザップサポートミール、今回は6食め。1食目を食べた時には、正直にいってまずいと思いました。

ほんと、「何か味付けを間違えてませんか?」と聞きたくなるくらい。

でも、本当に間違えだったのか、それ以降は普通に美味しいです。

まあその時は「鶏肉のエスニック焼き」という名前のおかずだったので、エスニック過ぎた味付けに僕の舌がついていけなかったんでしょうね。

今回の卵焼きや蒸し鶏のおかずは普通に美味しかったですし・・・というか、蒸し鶏が多いですね、サポートミールさん。

もはや、メインのおかずが鶏じゃない時は、副菜が必ず蒸し鶏なんじゃ?と思えるくいらい。

脂質をおさえつつたんぱく質を増やすために、ボディメイクのための食事は鶏肉が基本!なのかなぁ。

あと、卵のおかずも多いです。

まあ、僕は鶏肉も卵も嫌いじゃないからライザップサポートミールは美味しくいただけます。

でも、どちらかでも好みじゃない人にはおすすめできませんね。じゃっかんヘビーローテ気味ですから。

 

今回はまず、卵焼きそぼろあんかけが超たっぷり。

卵焼きもそぼろあんも、かなりの量。

ちなみに、そぼろも鶏肉ですね。

 

卵焼きはこのくらい。

 

ぷるぷる、とはいきませんが、まずまずの食感。

 

そぼろあんの下から、謎の大根がでてきました。

 

蒸し鶏と小松菜のたらこ和えは、味付けしっかり。

 

ほぐしてみるとかなりの量。

副菜の量が多いのもライザップサポートミールの特徴だと思います。

 

野菜ピリ辛炒めは、いうほどピリ辛じゃなかったです。

枝豆ごコーンは別のおかず扱い。

なので、このメニューは一応おかず5品かな。

 

ブロッコリーのごま和えも、かなり濃いめの味付け。

 

ご飯が欲しくなるくらい。

このセットは全体で塩分が2.5g使われています。これまで食べたセットは全部2.0gくらいで、結構うす味だったんですよね。

う~ん、ライザップサポートミールはそういう数値を厳密にコントロールするイメージなんですが、このセットだけ例外なのかな?

と思ったのですが・・・

よくよく色々な数値を見てみると、このセットは264gと他のメニューより重い(内容量が多い)んですよね。卵焼きとあんかけが重いんです。

その分、塩分も使っているなら、凄いと思いますね。味の濃さは内容量と塩分で決まるはずですから。カロリーや栄養成分は関係ないはず。メニュー間で味の濃さを一定にしてくれている。

カロリーではなく糖質とかたんぱく質を基準に量を調整しているであろうサポートミールさんなら、内容量に合わせて塩分を多く使うということをしてきても不思議じゃないですね。偶然かもしれませんが。

実際どうなんだろう。これは気になるところ。

 

パッケージは白黒フタのみシンプル。

 

今回は内容量が多かったので、たっぷり温めました。温めムラを作らないように200wで、ほんと時間かかりました。

 

ラベルには、原材料名や栄養成分など。

 

こせたん
ごちそう様でした!

このセットは味付けしっかりでご飯が欲しくなっちゃいました。

 

当ブログの「ライザップ・サポートミール」のまとめページはこちら。

【効果は?】ライザップサポートミールでダイエットするデメリットはあるのか?

 

-ライザップ・サポートミール
-

© 2021 こせたん宅配弁当