nosh-ナッシュ「さばのチョリム」を食べました

nosh-ナッシュ「さばのチョリム」

メニュー

・さばのチョリム
・大根と白菜の水キムチ
・ズッキーニときのこのナムル
・カリフラワーのマヨ和え

栄養成分

エネルギー367kcal たんぱく質19.9g 脂質24.3g 炭水化物15.4g 糖質11.9g 食物繊維3.5g 塩分2.5g

アレルギー成分 かに、小麦、卵、ごま、さば、大豆、鶏肉、豚肉、りんご

値段 616円(税込/送料込)(値段は買い方よる・僕は10食セット/ランク割引プラチナ/いつでも手に入るクーポン込み)

 

nosh-ナッシュの「さばのチョリム」です。チョリムとは

チョリムは、野菜、肉、魚介、豆腐等を味付けした出汁で煮込んだ韓国料理である。醤油ベースが多いが、特にマサバ、サンマ、タチウオ等を具材とした場合は、コチュジャンやチリパウダーが加えられることもある。韓国宮廷料理では、チョリニと呼ばれる。(wikipediaより)

ということらしいです。

いまいちイメージできませんが、色々な食材を韓国風に煮込んだ料理ですね。。

今回食べたnosh-ナッシュのチョリムは、さばの切り身が丸ごとの形で残っていました。

一般的なチョリムもこういうものなのかな?と思い検索してみたのですが、サンマや太刀魚のチョリムが多かったです。

でも、わずかに大きなさばやカレイなんかのチョリムもありました。

ごった煮っぽいものではなく、魚の形をしっかり残す煮込みのようですね。

 

さて、nosh-ナッシュのサバのチョリムはこんな感じでした。

結構強い味のたれというか煮込みです。

酸味が結構利いていますし、甘さもあります。ニンニクの香りも強め。塩分もかなり入ってますね。

nosh-ナッシュはうす味で上品なイメージですが、ここぞという時にはこういう風に強い味付けをするんですよね。(本格派リョリムがこういう味だとしても、冷凍弁当としては、いくらでもうす味にアレンジできるはず。)

美味しいけれど、正直ご飯が欲しくなる味でした。

 

一緒に入っているねぎや揚げ茄子と一緒に食べても、なおご飯が欲しいところでした。

 

大根と白菜の水キムチは、超うす味のキムチってことで良いのかな?

一応、ほんのちょっとだけ唐辛子も入っていました。

日本の浅漬けみたいに見えますけど、全然違いますね。単純にキムチの塩分や辛味を抜いた感じの漬物です。

 

ズッキーニときのこのナムルは、たっぷり入っていました。

 

そしてかなりのうす味。

なんかチョリムの濃さを取り戻すがごとくの凄いうす味。

ここまでうす味だと、塩分の配分を間違ったとかではなく、意図的なんでしょうね。

もしかして、チョリムと一緒に食べるものだったのかな?

 

カリフラワーのマヨ和えは、言うほどマヨ和えではなかったです。

ほんのちょっぴりマヨ味がする、かしないか程度。

良い食感でした。

 

パッケージはいつものエコ容器。

 

温める前に開けてみると、こんなカチンコチン状態。

冷凍状態ではないと思えるくらいキレイに固まってますね。霜も少ない。

 

上の状態から、レンジでたっぷり温めるとホカホカの出来上がり。

なんか、下手したら冷凍状態の方が美味しそうですね。。

ま、まあ、僕の写真の撮り方が悪いんでしょう・・・

 

帯の上部には簡易メニュー。

FISHのアイコンでメインが魚料理だと分かります。

 

裏面には詳細な原材料表示のラベル。

 

こせたん
ごちそう様でした!

nosh-ナッシュにしては珍しくご飯が食べたくなるセットでした。

 

-nosh-ナッシュのブログ
-

© 2021 こせたん宅配弁当