まごころケア食・健康バランス「鶏のあら揚げ弁当」を食べました

まごころケア食・健康バランス「鶏のあら揚げ弁当」

メニュー

・鶏の唐揚げ
・イカと野菜の煮物
・小松菜の玉子とじ
・もやしとザーサイ炒め

栄養成分

エネルギー261kcal たんぱく質11.4g 脂質16.9g 炭水化物16.6g(糖質13.4g 食物繊維3.2g) 塩分2.0g カリウム345.8mg リン164.6mg

アレルギー成分 えび、小麦、卵、乳成分、いか、ごま、大豆、豚肉、鶏肉、りんご

値段は買い方による。462円~594円(税込)。送料無料。

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

買い方にもよりますが、値段が安く送料無料がとってもお得なまごころケア食。

お得なのは分かったけど、他のメーカーの冷凍弁当と比べて味はどうなの?となりますよね。

僕の主観ですが、はっきり言って「美味しい!」ということはないかな。まごころケア食の味は普通。まずくはないです。

この「まずくはない」というのは、フォローするために言っているのではなくて、そのままの意味でそう感じます。

というのも、まごころケア食を作っているシルバーライフは、高齢者向け宅配弁当の「まごころ弁当」のフランチャイズを展開しているメーカー。

まごころケア食は、いわばまごころ弁当の冷凍版です。

こういうこともあって、まごころケア食って高齢者向け要素が強い冷凍弁当なんですよね。

どのおかずも、ほぼやわらかめに作ってあって、キツい味付けは全くないです。

無難な味付け、無難な食感なおかずがほとんど。

なので「まずくはない」と感じるわけです。

nosh-ナッシュなんかは、「美味しい!」と思えるものと、「こ、好みの分かれる味ですね・・」のようなおかずに二分されるんですよ。まごころケア食はその反対。

全てのおかずが60点~70点くらいの味なんじゃないかなぁ。

万人が食べて美味しいと思えるものは、ひたすら食材の原価を上げるしかないですよね。それをまごころケア食の値段でやるのは無理だと思います。

むしろ、値段と送料を考えたら、よくこんだけ作れるなあと感心するレベルです。

 

前置きが長くなりましたが、その無難なおかずのレビューをしていきます。

主菜の鶏の唐揚げは無難そのもの。

 

鶏肉がやわらかくて、ころもがいっぱいついていて、その割には油っこくない唐揚げでした。

う~ん、これ油で揚げてないのかな?

付け合わせのヤングコーンもヤングコーンにしてはやわらかかったです。

 

イカと野菜の煮物のイカもやわらかかったです。

いや、どれがイカやねん、というツッコミがありそうな見た目ですね。

竹の子に見えるのがイカなんです。

 

小松菜の玉子とじも、高齢者が食べても繊維がまったく残らないであろうもの。

 

もやしとザーサイ炒めも、食感を楽しむタイプのおかずではなかったです。

コリコリしているような、していないような。

 

味付けも全体的に濃すぎずうす過ぎず。

いつも通りのまごころケア食ですね。

 

パッケージは黄緑+白。

この黄緑色はまごころケア食のイメージカラーですね。ホームページもこの色が基調です。

 

たっぷり温めて完成。

 

表面の原材料表示には、メニュー名別の原材料が書いてあります。

製造者が株式会社シルバーライフになっていますが、販売者もシルバーライフです。

法令で製造者か製造所、又は販売者のどれかを書けば良いことになっています。

 

こせたん
ごちそう様でした!

無難な味、無難な食感のまごころケア食、無難な冷凍弁当を求める人は、ぜひ。

 

-まごころケア食
-

© 2021 こせたん宅配弁当