ライフの冷凍弁当

スーパーマーケット「ライフ」の冷凍弁当「ぶり照り焼き&青じそごはん」を食べました

どうも!

こせたんです。

全国チェーンのスーパーマーケット「ライフ」で売っている冷凍弁当のシリーズを、少しずつ試しています。

今回食べた「ぶり照り焼き&青じそごはん」は、なにやら見た目がヘルシーで美味しそうな感じ。

これが298円(税抜)というのは凄くお得!

と思って食べてみたのですが・・

 

ライフの冷凍弁当「ぶり照り焼き&青じそごはん」

この冷凍弁当は

メニュー

青じそ風味ごはん、煮物、なすの揚げびたし、ぶり照り焼き、ほうれん草

栄養成分

エネルギー305kcal たんぱく質10.9g 脂質3.2g 炭水化物58.2g 塩分1.0g

アレルギー 小麦、大豆

になります。

 

ほんとスーパーの冷凍弁当の中では抜群の見た目になってました。斜めの写真はこんな感じ。

 

別に「見た目は良いけど、味は・・・」と言いたいわけではないです。

野菜も結構入ってましたし、これは買いでしょ!とは言えるんですが・・・

栄養成分を見てもらえれば分かるんですが、塩分が全体で1.0gです。

これ、ちょっと異常な数値ですよ。

減塩食のレベルすら超えている塩分の薄さです。

1食1.5gでも十分に減塩ですが、その2/3しかない塩分量。

しかも、この冷凍弁当はご飯付きです。ご飯付き宅配弁当&冷凍弁当は、おかずのみの宅配弁当&冷凍弁当に比べて、一般的に塩分の量は増えます。

ある程度の塩分量がないと、日本人はご飯を美味しく食べられないからですからね。

 

今回のライフの冷凍弁当「ぶり照り焼き&青じそごはん」は、別に減塩をうたっているわけでもなく、減塩指定しているわけでもないのに、ご飯付きで全体の塩分量が1.0gなのは、僕の理解を超えてますね。

味付けも「まずい」とは言いませんが、僕の舌では「判定不能」です。

僕は一定以上薄味の食べ物は、客観的に味の判定ができなくなってしまう舌しかもってません。

かと言って、何かふりかけて食べるというのは、宅配弁当界では禁じ手なんですよ。ほんと。

少なくとも、ブログで弁当のレポートをしている僕からすると「調味料をかけたら美味しくなりました!」というのは、意味ないですからね。

 

ブリの照り焼きと煮物、ほうれん草は容器の同じ部分に一緒に入ってました。

ブリの照り焼きは小さいですが、これでアリだと思います。

スーパーの冷凍弁当は、どこでも大体300円くらいで売ってます。

このくらいの値段で作ろうとすると、良い魚を使うと少しキツいのかと思うのですが、小さくてもいいので美味しい魚を入れてもらえれば嬉しいですね。

このブリはまずまず美味しかったです。

まあ、しかし味付けは薄いですね。「甘辛な味付け」ではなく「甘ちょい辛」くらいでしょうか。

ブリだけで食べると程よい味ですが、ご飯のおかずには少し薄いですし、野菜と一緒に食べても味が足りない感じ。

人参、里芋、ほうれん草と、比較的野菜が多いのには好感が持てます。

 

青じそ風味ごはんは、本当に青じその風味がついただけのご飯でした。

お、おかしいな。。

いわゆる「ゆかりご飯」は、塩味もけっこう利いているものだと思っていたんですが。。

これは、肩透かし感が強いですねえ・・

「減塩食」は、基本的に専門家のアドバイスを受けている人だけが食べるものです。

一般の人は、健康増進目的で「減塩食」を食べるべきではないですよ。

 

過度の塩分摂取は、間違いなく体に悪いです。

ですが、「塩分摂取量は減らせば減らすほど良い」というものでもないです。

性別や年齢、体重によって取るべき塩分量は変わりますし、食物繊維やカリウムをしっかり摂取すれば、摂取しても良い塩分量も増えます。

注目すべきは、外食などの過度の塩分を含む食事であって、普段の食事の塩分量は、「ほどほど」にする程度でも十分だと思ってます。

1食1.0gはやり過ぎです。

 

なすの揚げびたしも、多分そこそこ美味しいものだと思うのですが、味が薄すぎて僕的には判定不能になっちゃいます。

いやしかし、ほんと見た目がいい。

とてもスーパーの300円冷凍弁当には見えないです・・

 

パッケージには、スーパーの冷凍弁当のお約束、さらに盛り付けた写真と実物の写真の両方がのってます。

 

裏面の原材料表示には、メニュー名ものってました。

 

今まで、ライフの冷凍弁当は何度か試しています。

今までのライフの冷凍弁当は、と~ても普通の冷凍弁当でした。

これでもかという程、一般的なものでした。

ただ、和風の内容は今回が初めてだったんですよね。

和風のメニューのライフの冷凍弁当は、全て薄味に作っているのかなぁ。

「普通」「一般的」がライフの冷凍弁当のコンセプトだと思ってたんですが、そこに「減塩」が加わっちゃうのでしょうか・・

でも、それなら洋風のメニューが減塩になってなかったのが、よく分からないですね。

似たような傾向は、イオン(トップバリュ)の冷凍弁当にもありました。

ブランドとしての統一性がなかったなあ、イオンの冷凍弁当も。

多分、そう作った方が売れるんでしょうね。きっと。

「和風」=「ヘルシー」=「薄味」みたいなイメージを満たしますから。

 

-ライフの冷凍弁当
-

© 2020 こせたん宅配弁当