デイリーコープのブログ

舞菜弁当に大きめのカレイの煮つけが入ってました

コープデリ・舞菜弁当20171013

この弁当のメニューは

ご飯、カレイの煮付け、焼きビーフン、ホタテ風味フライ、いんげんの白和え、きゅうり漬け

です。

熱量446kcal たんぱく質17.3g 脂質8.5g 炭水化物72.5g 食塩相当量2.4g

になります。

写真だとイマイチ伝わりませんが、カレイの煮付けはかなり大きかったです。

味付けもちょうどいい感じでした。僕はおかず全般に濃いめの味付けが好きですが、舞菜シリーズの魚料理の味付けがあまり薄いとは感じません。

まあ、もともと、最近の魚料理は薄味で作られているのが多いのかもしれません。昔は塩鮭とかホッケとか、アジの干物も、塩がキツいのが多かったですよね。

しかし、カレイは開いて?いるわけではないのに、どうやって骨を取っているのでしょう。まったく骨は入ってなかったです。

カレイがそのまま輪切りになっているような形で入っていました。

手作業で骨を抜いているのだろうか・・・だとしても、少しくらい残るものじゃないのかな・・・カレイの骨は結構硬いから、もし入っていたらすぐ気づくはずです。

 

コープデリ・舞菜御膳20171013

この弁当のメニューは

味噌ヒレカツ、カニ入り信田巻き煮、ポテトと竹輪の青さ風味、もやしとツナの炒め物、人参とピーマンの甘辛炒め、ほうれん草の醤油麹和え、うの花と豆のサラダ、きゅうり漬け

です。

熱量442kcal たんぱく質18.7g 脂質21.5g 炭水化物43.8g 食塩相当量3.8g

になります。

味噌カツはヒレのカツで、たっぷり3切れも入っていました。味噌は甘すぎず、濃すぎずで、丁度良かったです。

おそらく、味噌の味以外にも、ヒレカツ本体にも少し味がついているので、味噌の味がそこまで強くなくても、美味しくいただけたのだと思います。こういうところは、舞菜シリーズの特徴です。

信田巻とは、信太巻と同じ意味で

信太巻(しのだまき)は、油揚げを開いて、野菜、魚介のすり身、肉、豆腐などいろいろな食材を巻いた食品。また、蒲鉾の表面を油揚げで覆った魚肉練り製品。
そのまま煮物として、またおでんだねなどにも用いられる。

名前の由来
油揚げを使った料理は信太・信田(発音は共にしのだ)と呼ばれる事がある。
これは狐の好物が油揚げだという伝承と、信太の森の狐の伝説(「葛の葉」の項参照)にちなんだものである。

ということらしいです。周りを油揚げでまいた料理、ということみたいです。

ま、また一つ料理名を覚えてしまいました。

 

今週の舞菜御膳はボリュームたっぷりのオンパレードでした

今週の舞菜御膳は、揚げ物やハンバーグ、今日のヒレカツなど、普通ならばカロリーの高いものが多く出ました。

ですが、その割には、弁当全体としてのカロリーはほとんど500kcal程度に抑えられていたので、意外に感じました。

僕の記憶だと、以前の舞菜シリーズならば、こってりしたものが出た場合は、そのままエネルギーの高い弁当になっていたような・・・

揚げ物の味も、以前と少し変わったような気がします。以前はもう少しパサつく感じだったような気がします。

調理法が変わったのかもしれませんし、流通経路を変えて、鮮度が保てるようになったのかもしれません。もしくは、何も変わっていなくて、僕の気のせいかも。

ワタミの宅食と東都生協の夕食宅配を試してみて、僕の舞菜シリーズを見る目が変わったことは確かだと思います。

-デイリーコープのブログ
-,

© 2020 こせたん宅配弁当