ベネッセのおうちごはん

ベネッセのおうちごはん・こだわり八菜「豚肉の生姜炒め」を食べました

どうも!

こせたんです。

ベネッセのおうちごはんの「こだわり八菜」を食べました。

このお弁当、コープデリの「舞菜御膳」によく似てますね。

以前はワタミの宅食にも「まごころ万菜」という、やはりよく似たお弁当もあったんですよね。

今は「まごころ万菜」は生産終了になっちゃいました。懐かしい。。

おかず8品のお弁当は、毎日食べるのには少し豪華過ぎるのかも。

コープデリとベネッセは、1日単位で注文できます。(コープデリは他の種類のお弁当と合わせて週に3日以上。)

なので、週に1食~2食は豪華に!ということができます。

それに対して、ワタミの宅食のまごころ万菜は、最低でも1週間単位(平日5日間)でしか注文できなかったんですよね。

その辺りが、生産終了になっちゃった原因じゃないかと推測してます。

 

ベネッセのおうちごはん・こだわり八菜「豚肉の生姜炒め」

この宅配弁当は

メニュー

豚肉の生姜炒め、助宗鱈の梅風味焼き、車麩の炊き合わせ、カリフラワーのツナ炒め、にらときのこの炒め物、しろ菜の辛子和え、ごぼうサラダ、金時煮豆、

栄養成分

エネルギー435kcal たんぱく質19.5g 脂質25.7g 炭水化物29.0g 塩分3.1g

アレルギー成分 小麦、卵、ごま、さば、大豆、豚肉、りんご

値段は720円(税込)。

 

メインの豚肉の生姜炒めは、「生姜焼き」ではないんですね。

う~ん、少しスカスカ感がありますね。。

まあ、8品もあるんだから、多少スカってるおかずがあっても仕方なしかな?

豚肉は結構ガッツリ脂がありました。

 

助宗鱈の梅風味焼きの下には、たっぷり野菜がしかれていました。

ふぅ。スカってなくて良かった。

味は「梅風味」というほど、梅の味は強くないです。ほんのり梅味。

 

車麩の炊き合わせの炊き合わせた野菜は、なす、れんこん、いんげんでした。

薄味ですが、薄すぎることはなかったです。

程よい感じ。

 

カリフラワーのツナ炒めには、玉ねぎと赤ピーマン、コーンが入っていました。

 

にらときのこの炒め物は、えのきとしめじ、さらにエリンギまで入っていたらしいです。

エリンギには気付きませんでした。

 

ここまで5品。残りの3品は冷たい状態で食べられるように、取り出せます。

 

透き通ったプラスチック容器がぽっこり取り出せるわけです。

温めた後に、戻して(合体して)食べます。

合体後。

 

その冷たいメニューのしろ菜の辛子和えは、シャキシャキ食感でした。

たしかに、辛子の味付けは冷たい方がいいですね。

 

ごぼうサラダは、思うさまはみ出してました。

 

金時煮豆はデザートですね。

 

容器は使い捨てではなく、返却するがっしりタイプです。

温めやすく使いやすい容器。

そういえば、ワタミの宅食も以前はこのタイプの容器だったんですよね。。

僕はこれが好きだなぁ。

 

ラベル(というか、帯)には、おかず名とそれぞれの原材料、全体の栄養成分が書いてあります。便利。

 

ごちそう様でした!

コープデリの舞菜シリーズと比べると、同等か、少し舞菜の方が上だと感じます。

舞菜一辺倒ではなく、数か月おきにローテーションさせるのも面白いかも。

 

-ベネッセのおうちごはん
-

© 2020 こせたん宅配弁当