デイリーコープのブログ

(新登場)ブリの照り焼きは安定の程よい味付けでした

コープデリの夕食宅配・舞菜御膳20171207

この弁当のメニューは

(新登場)ブリの照り焼き、厚揚げと豚肉のオイスター炒め、キャベツとあさりの炒め物、竹輪と小松菜のカレー炒め、春菊のトマ味噌炒め、切干大根煮、玉葱とカニカマの酢の物、高菜漬け

です。

エネルギーは400kcal たんぱく質22.6g 脂質19.4g 炭水化物33.7g 食塩相当量4.1g

になります。

 

(新登場)ブリの照り焼きは、しっぽの方が2つ入っていました。こ、これはハズレでしょうか?・・・

お味の方は、相変わらずの濃くもなく薄くもなく、ちょうど良いものでした。「薄く感じない範囲で限界まで薄くしている」というのがコープデリの舞菜シリーズの味付けです。

しかも、その適度な濃さは塩分にとどまらず、例えば今回のブリの照り焼きのような甘辛い味付けの場合の「甘」の部分も同様ですね。「甘い」と感じる範囲で限界まで甘さを抑えているような感じです。

こういう味付けは、外食では絶対に無理ですし、自分で作るにしも相当な経験がないと(もしくは、相当時間をかけて慎重に調理しないと)できないことだと思います。

 

キャベツとあさりの炒め物は、あさりから出る塩味意外は、ほとんど塩味を足していないのでは?という感じでした。

出汁的なものも、あさり味意外にはほとんど感じませんでした。

なので、キャベツの味とあさりの味だけでいただく料理なのですが、それだけで十分な味付けになっている感じでした。

 

あと、今回は春菊のトマ味噌炒めという珍しい料理が出たのですが、これはとても良かったです。

春菊のお味がいい感じでした。トマト味と味噌味は、ごくごくわずかです。気にしなければ分からないくらいです。

でも、多分トマト味と味噌味が、春菊のお味を引き立てているのでしょう。春菊のお味がとても鮮明に感じられました。

 

 

今回の舞菜御膳は、写真ではいつも通りに見えるのですが、実は一品一品が少なく感じました。

何か、量を調整して、後から減らされているように感じるおかずが多かったです。

不審に思ってメニューの栄養価の数字をよく見てみたところ、なんとなくその理由が分かりました。

エネルギーが400kcalとなってます。これは舞菜御膳としてはものすごく低い方の数値です。舞菜御膳の平均は500kcalです。

そして、塩分が4.1gとなってます。これは舞菜御膳としては非常に高い部類です。舞菜御膳の塩分は4g以下というのが規定量ですが、実際の平均はそれより低いと思われます。

キャベツとあさりの炒め物などは、薄味に感じたのですが、意外と塩分を含む料理だったのかもしれません・・・

これらのことから、おそらく、今回の舞菜御膳の味付けは、全体的に適度な塩分を含んでしまったので、エネルギーを高くしつつ塩分を下げるような料理が無かったのでしょう。

「塩分はこれ以上、高くできません!」「でも、エネルギーはこれ以上低くできません!」という葛藤があったメニューになってしまっていたのだと思います。

僕は舞菜シリーズを食べていて、たまに「このおかずは異様に量が多いな」とか、逆に「このおかずはなんか量が少ないな」と感じる場合があります。

こういうのは、塩分やカロリーを調整した結果だったのかもしれないと、今回の舞菜御膳を食べて気づきました。

これからは、そういったところにも注目しつつ、舞菜シリーズを食べて行こうと思います。

(今回のブログは「程よい味付けのおかずですね」と前半に言っておきながら、後半に「意外と塩分が高かった」という結論になってます。矛盾しているのですが、おそらくこれは品数の多い舞菜御膳ならではのことだと思います。8品あるおかずの内で、いつもならば塩分を上げずにカロリーを確保するおかずがあるのだと思います。もちろん、メインのおかずの塩分が低ければ、調整する必要はありませんし、副菜たちが薄味だった場合も調整する必要はありません。一つひとつのおかずの塩分が突出していなかった場合でも、極端に塩分の低いおかずが一品もなければ、全体の塩分の総和は高くなってしまうのだと思います。)

 

今週はコープデリの夕食宅配と東都生協夕食宅配を両方注文してみました

今週はコープデリ(デイリーコープ)と東都生協夕食宅配の両方を注文しました。

どちらも週に3日から注文が可能なシステムなので、水曜日のみ被らせました。

ブログアップ日時が実際の注文日とズレてしまっていて、申し訳ありません。

さらに、被らせた日の水曜日のデイリーコープは、料理キットにしました。デイリーコープは週に3日から注文可能ですか、それは夕食宅配(宅配弁当の舞菜シリーズ)と料理キットのどちらでも可能です。

料理キットは賞味期限が宅配された日を含めて2日間なので、夕食宅配とは違う時間帯にいただけることになります。

なので、この注文の仕方ならば、宅配弁当が余ってしまうことはないです。

週3日から注文が可能なデイリーコープのシステムは、いろいろな使い方が考えらえる面白いシステムです。

-デイリーコープのブログ
-

© 2020 こせたん宅配弁当