ヨシケイ・ベジミール「鶏肉の味噌焼き弁当」を食べました

ヨシケイ・ベジミール「鶏肉の味噌焼き弁当」

メニュー

・鶏肉の味噌焼き
・茄子ときのこの煮浸し
・いんげんの卵炒め
・かぼちゃの煮物

栄養成分

エネルギー244kcal たんぱく16.1g 脂質5.2g 炭水化物33.9g 塩分2.9g

アレルギー成分 小麦、卵、大豆、鶏肉

値段 640円(税込) 送料無料

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

ヨシケイの冷凍弁当の中でも野菜に特化された「ベジミール」を食べました。

ベジミールには以前からちょいちょいお世話になっているんですが、食べるたびに印象が違うんですよね。

「野菜たっぷりで超いいね!」と思えたり、「言うほど野菜多くなくない?」と思えたり。

多分、僕は普段から色々な宅配弁当や冷凍弁当を食べているので、直前に食べたお弁当と無意識に比較しちゃってるのかもしれません。

そのくらい、野菜の量ってメーカーやお弁当の種類によって違うんですよ。

多分、普段コンビニやスーパーのお弁当をよく食べる人ならば、ベジミールは野菜だらけのお弁当に見えるんじゃないかな。

もちろん、一般的な宅配の冷凍弁当と比べても、ベジミールの野菜量は全然多いですね。

一品一品ガサっと入っているのが嬉しいところ。

 

今回も野菜が多かったです。

まず、メインの鶏肉の味噌焼きは、鶏肉よりもむしろ下に敷いてある野菜の方が多かったです。

いや、下のゆで野菜でしょうか、付け合わせレベルではないですね。

 

人参、キャベツ、椎茸、もやし、と多種類の野菜。

 

一応(失礼)鶏肉の味噌焼きも、まずまずのお味でした。

味噌のおかげか、鶏肉はやわらかくなっていました。

 

茄子ときのこの煮浸しもたっぷりの量。

こちらは少し甘辛い味付けでした。

結構特徴的な味。

 

いんげんの卵炒めは卵多めでたんぱく源確保。

いんげんにはコリコリ感がありました。

 

スプーンで食べやすいです。

 

かぼちゃの煮物は出汁の味でまったく甘くなかったです。

 

こういうタイプなら、さらにかつおとか入れてもっと出汁を利かせて欲しいかな。

 

パッケージは黒容器+フタのみでシンプル。

 

野菜量に比例して内容量が多い(260g)ので、たっぷり温めました。

こう見ると、そこまで野菜が多く見えないなぁ。食べてみると、かなり多いんですけどね。

 

ラベルには、栄養成分や原材料表示、賞味期限など。

製造者が「株式会社ながもり」となっています。う~ん、聞いたことない。

徳島大学と共同開発したというベジミールなので、作っているのも一般的な冷凍弁当の製造メーカーじゃないんでしょうか。

 

こせたん
ごちそう様でした!

久しぶりのベジミール、堪能しました。

以前ならば「こんな野菜の多い冷凍弁当は他にないよ!」と大興奮で言っていたところですが、最近は各メーカーからヘルシーな冷凍弁当がたくさん出ていますからね・・

まあ、冷凍弁当は1度買ってしまえば1年近く持ちますから、ヘルシーな冷凍弁当を色々冷凍庫にストックして、食べ比べて楽しませてもらうことにします。

 

-ヨシケイ&夕食ネットのブログ

© 2021 こせたん宅配弁当