nosh-ナッシュ

nosh(ナッシュ)の冷凍弁当「鮭とさつま芋のみそ柚庵焼きセット」をいただきました

どうも!

こせたんです。

引き続き「nosh-ナッシュ」の冷凍弁当を食べています。

 

ナッシュの冷凍弁当は、こんな感じのオシャレな紙の箱に入ってます。

色やアイコン、「FISH'S MAIN DISH」の文字で、主菜は魚料理だと冷凍庫の中から出す前に分かるようになっています。

こういのは、他の冷凍弁当にはない包装です。包装というか、オシャレ装備?

 

そして、この中から取り出したものがこれ

ここのコチコチに凍ったものを、上のビニールを開けずに温められます。

そうすると・・

 

nosh(ナッシュ)「鮭とさつま芋のみそ柚庵焼きセット」

nosh(ナッシュ)の冷凍弁当「鮭とさつま芋のみそ柚庵焼きセット」

この冷凍弁当のメニューは

鮭とさつま芋のみそ柚庵焼き、白菜とえびのお浸し、蒸し鶏といんげんのごま酢和え、かぼちゃのそぼろあん

です。

エネルギー278kcal たんぱく質23.0g 脂質4.9g 炭水化物30.8g(糖質26.4g 食物繊維4.5g) 食塩相当量2.5g

アレルギー 小麦、えび、さけ、鶏肉、ごま、さば、大豆、豚肉

になります。

 

相変わらずオシャレな見た目の冷凍弁当ですが、相変わらず上のビニールがはがしづらかったです。

はがしづらい上に、はがした後が汚くなります。

見た目にとても気を使っている冷凍弁当のnosh-ナッシュさんなんですから、出来ればこの「ビニールのはがし残り」を何とかしてもらいたいところですね。

多分、ビニールを切らずに温められるようにしているから、こういった微妙な感じになってしまうのだと思いますが・・

黒の容器なので、はがし残りが目立つのも痛いところ。

 

レビューを続けます。

メインの鮭とさつま芋のみそ柚庵焼きは「ゆうあんやき」と読む、柚子のあんを使った料理です。

ほんと、いつも色鮮やかで美味しそうな見た目の冷凍弁当に仕上げますね、ナッシュさんは。。

鮭の皮が「みそ柚庵」でいい色になっています。

味はそれ程強くなく、癖のない味になっていました。

鮭の骨は完全に取り除かれてました。

お野菜はそれぞれ美味しかったですが、少しずつ硬さというか歯ごたえが残してある野菜たちです。

ナッシュの野菜はいつもこういった感じに仕上げてあります。

 

副菜の3品も野菜メインで、このセットはヘルシー度合いが他のセットよりも高くなっています。

 

白菜とえびのお浸しは薄味ですが、えびの味が出ていて、物足りなさは感じません。

小エビと野菜の料理が多いですね、ナッシュさんは。

 

蒸し鶏といんげんのごま酢和えは、いんげんが大量でした。

写真ではイマイチ量が分からないですが、いんげんが詰め込んである感じです。

いんげんは冷凍と相性が良い野菜ですし、栄養価も高い野菜で、冷凍弁当ではよく使われます。

ナッシュのいんげんは、歯ごたえを残したいんげんです。

 

かぼちゃのそぼあんは、強い味付けはせず、かぼちゃのそのままの味で食べる感じのおかずでした。

やわらかさだけは、しっかりと調整してありました。

冷凍の南瓜は硬くなってしまったり、やわらか過ぎたりする場合がありますからね。

 

ラベルはこんな感じ。

 

「柚庵焼き」というのは、どこかで聞いたことがあるような気がして、自分のブログを検索してみたところ、食宅便でも出ていました。

鯵(アジ)の柚庵焼きは冷凍でもしっかり焼き魚でした

 

僕の記憶によると、こちらも結構良いお味だったと思います。

 

幽庵焼き(幽庵焼き)

和食の焼き物のひとつで、幽庵地(醤油・酒・味醂の調味液にユズやカボスの輪切りを入れたもの)を用いた魚の付け焼き。 アマダイ、マナガツオ、イナダ、サワラ、カマスなどの魚の切り身や鶏肉などを、醤油、酒、味醂を1:1:1であわせ、ユズの輪切りを加えてつくった漬けダレである「幽庵地」に数日間漬けこみ、汁気を切った後に焼き上げる。 汁気を切って蒸すと幽庵蒸しとなる。 ユズの香りが清々しい焼き料理である。熱いまま、または冷まし常温で供する。

ウィキペディアより、です。

いいですね、柚庵焼き。

 

-nosh-ナッシュ
-

© 2020 こせたん宅配弁当