ニチレイの冷凍弁当のブログ

ニチレイ・ウーディッシュ「ベーコンピラフと白身フライ」を食べました

ニチレイ・ウーディッシュ「ベーコンピラフと白身フライ」

メニュー

・雑穀入りベーコンピラフ
・白身魚フライのサルサソース
・温野菜チーズホワイトソース
・ほうれん草のツナ和え
・豆サラダ

栄養成分

エネルギー377kcal たんぱく質11.0g 脂質17.5g 炭水化物46.8g 糖質40.8g 食物繊維6.0g 塩分1.7g

アレルギー成分 小麦、卵、乳成分、大豆、鶏肉、豚肉、りんご、ゼラチン

値段 648円(税込) 送料800円(5000円以上で送料無料)

 

ウーディッシュは、美味しいし値段も手ごろなので定期的に食べています。僕のおすすめの冷凍弁当の一つ。

特徴は、ランチボックス風容器、炭水化物寄りの栄養バランス、冷凍食品には思えない食感。

ほんと良い食感なんですが、まあ、最近の冷凍弁当はどのメーカーも「食感が悪い」なんてことはなくなってきてますね。

ウーディッシュのデメリットは、温めムラが出ちゃうところ。

長細い容器なので、電子レンジのターンテーブル上のどこに置いても、真ん中のパーティションが先に温まって両脇が温まりにくいんです。

僕は200wなんかを使って、ゆっくり温めているので被害は少ないです。

ただ、高ワット数で温めている人は、真ん中が温まりすぎちゃうこともあるんじゃないかなぁ。

 

話が冷凍弁当の温め方になっちゃいましたが、レビューをしていきます。

雑穀入りベーコンピラフは、程よい味付けでした。

ウーディッシュに入っているご飯ものは、どれも良い食感です。

このベーコンピラフも、もち麦入りでパラパラ系。

ご飯付きの冷凍弁当は意外と少ないんですよね。

その意味でも、ウーディッシュは貴重です。

 

白身魚フライのサルサソースは、かなり大き目のフライ+ピリ辛ソース。

容器のこの部分に、ほうれん草のツナ和えと豆サラダ一緒に入ってました。

 

白身魚フライはこの大きさ。

やはり、冷凍弁当のおかずにしては、食感は悪くないです。

サルサソースのピリ辛具合は適度です。これくらいなら「辛くて無理」なんて人はほぼいないんじゃないかな。

 

温野菜チーズホワイトソースは、ブロッコリーとじゃが芋、玉ねぎの上にホワイトソースとチーズをかけたもの。

 

単純なおかずですが、ホワイトソース&チーズと野菜のバランスが良かったです。

う~ん、ウーディッシュは温めにくいところ以外、ケチがつかないです。

同じニチレイの「気くばり御膳」は、値段が高めなところに文句が言えるんですけどね。ウーディッシュは値段も良心的ですからね。。

あとは、たま~に味が薄すぎることがあるかなぁ。。ほんとたまに。

 

パッケージはランチボックス風ほそ長容器+フタ+薄いビニール。

 

フタの上のラベルには、必要な情報が一通り書いてあります。

 

最後に正面からの写真。

 

こせたん
ごちそう様でした!

相変わらず、ウーディッシュは安定してますね。おすすめです!

 

-ニチレイの冷凍弁当のブログ
-

© 2021 こせたん宅配弁当