コープデリ・舞菜おかず「サーモンフライと根菜と豚肉のしぐれ煮」を食べました

コープデリ・舞菜おかず「サーモンフライと根菜と豚肉のしぐれ煮」

メニュー

・サーモンフライ(タルタルソース付)
・根菜と豚肉のしぐれ煮
・小松菜とツナの煮物
・ポテトのレモン風味炒め
・きゅうりと蒸し鶏のサラダ
・野沢菜昆布

栄養成分

エネルギー461kcal たんぱく質18.2g 脂質31.1g 炭水化物26.3g 塩分2.8g

アレルギー 卵、乳成分、小麦、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、ごま

値段652円(複数割引1食24円) 配達無料

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

一昨日に続きコープデリの宅配弁当を食べました。

まあ、コープデリは週に3回から注文できるシステムなので、もう一回ブログに登場させることは確定です。

しかし・・・この「週に3回」のシステムは、僕がこのブログを始めた時にはなかったんですよ。

始まった時は驚いた記憶があります。

これより前は1週間(平日5日間、つまり5回)の単位でしか注文できませんでした。

たしか、この平日5回が注文の単位だったシステムは、けっこう長く続いていたはず。

最低でも3年くらいは続いていた記憶がるような、ないような。

おそらく、コープデリの宅配弁当が始まった当初もそうだったんでしょう。

そして、ある時突然週3システムが始まり、東都生協も追随して、さらに同じ週5(平日毎日)だったワタミの宅食は今や1日から注文可能ですよ。

まあ、ワタミの場合は1週間でないと+40円かかってしまいますが、それを差し引いても嬉しい人が多いはず。

同等の注文&配達システムの「ベネッセのおうちごはん」は、僕が初めて注文した時から、1日だけの注文ができて驚いた記憶があります。

いやいや、冷蔵の宅食だけでも東京では結構ライバルが争ってますね。

僕が知らないお弁当もあるんでしょうね。

う~ん、東都生協やベネッセのおうちごはんを食べてみたころが懐かしいです。

 

さて、今回のお弁当は母の分も注文して二人で食べました。

母の感想も交えつつレビューしていきます。

ちなみに、妻はお義父さんのお世話をしに実家に帰っていて、いじめで妻の分だけ注文しなかったわけではないですから。

 

まず、メインのサーモンフライ(タルタルソース付)は、意外にもかなり油っぽかったです。

僕の記憶がたしかなら、コープデリの宅配弁当の揚げ物は、全く脂っこくなかったはずです。

でも、あれは天ぷらの話だったかな?

母は美味しいとは言っていたんですが、「これ鶏肉のフライでしょ?」と聞いてきました。

サーモンだと言っても信じてもらえず、最後まで「ささみかな?」などとつぶやいていました。

 

断面まで見せても、まだ信じてもらえなったんですよ。

た、たしかに揚げたサーモンなので、あんまりピンクじゃないですね。

でも、黒いところは血合いでしょ。。鶏肉にこんなに血合いはないですよ。

味は確かに鶏肉っぽいくらいあっさりしていました。

 

根菜と豚肉のしぐれ煮は、うす味でやわらかく煮てありました。

母は「ごぼうがやわらかくなっている」と言っていましたが、味については特に何も言っていませんでした。

 

僕はけっこう美味しかったけどなぁ。量もたっぷり。

 

小松菜とツナの煮物はシャキシャキがありました。

ここで母が衝撃の発言。「お葉はもっと長く切ってほしいなぁ」とのこと。

いやいや、あなたみたいな高齢の人のために、細かく切ってくれてるんだと思いますよ。

シャキシャキしているレベルのお葉は、細かくなかった食べにくいんじゃないのかな?

ほんと、亡くなった父もそうだったんですが、自分が食べられる範囲では食感が良いものを食べたがるんですよね。

 

まあ、僕ももう少し長く切ってあれば、よりシャキシャキ感が出ていいのになぁ、とは思いましたが。

 

ポテトのレモン風味炒めは少な目ですがベーコンも入って美味しかったです。

 

「じゃがいもは料理しにくいけど(?)少しでもこうやって入れてもらえると嬉しい。」と自分が料理する時の心配をする母でした。

じゃがいもって料理しにくいんですかね?・・

 

きゅうりと蒸し鶏のサラダは「お酢の味が美味しい」ともはや僕より語彙が少なく母でした。

 

多分、美味しいっていうのを、どう表現していいのか分からなかったんだと思います。

僕もめちゃその気持ち分かります。

やっぱ親子なんですね・・

僕も酸っぱくて美味しいと思いました!

 

大きく手硬くて使いやすいけれど、返却が必要な容器。

配達時はラップがかかっています。

これ、ラップを取って温めるのが正しい方法だと思いますが、多分ラップのまま温めても大丈夫です。

だって、よく見ると小さい穴がたくさん開いてますもん。なんならその方が蒸れて良いかも。

 

温め終わって、パカっとあけるとこう。

 

ラベルには、原材料表示や栄養成分表示。

 

こせたん
ごちそう様でした!

まず、量について「舞菜おかず+ご飯1杯+みそ汁」を食べた母は「多すぎず、少なすぎず」と言っていました。

いや、80歳なのに結構食べるんですよ。

全体の感想として、「(工場で?)分担しないと、こんなにおかずの種類を増やせないわね」と、また作る方の心配をしていました。

まあ、おかずの品数が多いって言いたかったんだと思います。

さらに、食べ終わった後も「鮭かな?鶏じゃないの??」と、サーモンフライを鶏肉の揚げ物だと言ってききませんでした。

う~ん、こ、これはレビューになってませんね。

次に期待しましょう。

 

 

-コープデリの宅配弁当
-

© 2023 こせたん宅配弁当