ベネッセのおうちごはん

ベネッセのおうちごはん・まいにち七菜ごはん「鮭のマヨネーズ焼き」を食べました

どうも!

こせたんです。

ベネッセのおうちごはんで、ご飯付き弁当を注文してみました。

コープの宅配弁当やワタミの宅食のような宅食系の宅配弁当では、ご飯付きのラインナップがあることが多いです。

ベネッセのおうちごはんも宅食系で、ごはん付き弁当あり。

(おかずが8つという豪華なお弁当のラインナップは、ワタミの宅食では廃止されちゃったんですけどね。以前はワタミにもありました。)

今回食べたのは、ベネッセのご飯付き弁当です。

う~ん、ベネッセの宅配弁当、なかなか良いんですけどね。

注文可能エリアが狭いところが残念ですね。東京・埼玉・神奈川の一部地域のみで注文できます。

一応、日本全国の人に見てももらっている当ブログでは、「おすすめ!」と声高らかに言えないです。

まあ、「こんなのもあるよ」的に見てもらえると嬉しいです。。

 

ベネッセのおうちごはん・まいにち七菜ごはん「鮭のマヨネーズ焼き」

この宅配弁当は

メニュー

白飯、鮭のマヨネーズ焼き、さつま揚げと大根の煮物、竹輪と白菜の磯炒め、ぜんまいの炒め煮、チンゲン菜のごま和え、ビーンズサラダ、金時煮豆、

栄養成分

エネルギー554kcal たんぱく質23.2g 脂質20.5g 炭水化物68.0g 塩分1.9g

アレルギー成分 小麦、卵、乳成分、ごま、さけ、さば、大豆

値段は620円(税込/送料込)です。

 

豪華に見えますね。

こういう宅食系の容器に入っているだけでも良さげに見えるのに、これだけおかず品数が多いと、すんごいお弁当に見えちゃいます。

これ、ベネッセさんがお上手。

おかず7品のベースのお弁当を、おかず8品用の容器に入れて、容器の一番大きいところにご飯を入れたんです。

こうすれば、ただのおかず7品+ご飯よりも、視覚的にめっちゃ豪華に見えるんですよね。

もちろん、この内容でコミコミ620円なのは十分にコスパ高いんですが、見た目は確実にそれ以上に見えてると思いますよ。。

 

メインのおかず、鮭のマヨネーズ焼きの味はまずまず。

入り切らないから2つに切ってますね。

さらに付け合わせのフライドポテトまでねじ込んでます。。

なんか得しているような、豪華なような、そんな感じに見えますね、これ。

単に8品用の容器に7品+ご飯を入れた結果なんですけどね。。

味付けは薄めで、ご飯と一緒に食べるなら、もう少し濃い方が嬉しいですね。

 

さつま揚げと大根の煮物も味付けはごく普通。

これは普通。普通以上でも以下でもないですね。

 

竹輪と白菜の磯炒めは、何やら美味しかったです。

少しだけ海苔を入れて炒めてあるんですね。磯ですから。

 

ぜんまいの炒め煮はやわらかくなっていました。

こういうおかずは宅食っぽいですね。

 

チンゲン菜のごま和えはちょっとだけ。

シャキシャキです。

このおかずを含む3つのおかずは、温める時に取り出せるように連結したカップに入ってます。

これを取り出しておいて、温めてから戻すわけです。

冷たい方が美味しいおかず、というわけ。

まあ、僕は一緒に温めちゃいますけどね。。大体のおかずは冷たいより温かい方が好きなんで。

 

ビーンズサラダも温めちゃいました。

おからとミックスビーンズのサラダです。

これはしっかり濃い目の味付け。

実を言うと、全体的には薄めの味付けでした。

全体の塩分が1.9gなので、そうなりますよね。

ご飯付きのお弁当なので、もう少し塩分が欲しいところ。

 

金時煮豆は甘いデザートです。

これも温めないんですか。。

僕は温めた方が美味しいと思うけどなぁ。

 

正面からの写真。

 

弁当箱はがっしりした漆器。返却するものです。

コープの宅配弁当なんかとほぼ同じものですね。

 

ラベルでメニューが確認できる新設設計。

 

ごちそう様でした!

ベネッセのおうちごはん、これからもたまに注文しちゃおうかな。。

 

-ベネッセのおうちごはん
-

© 2020 こせたん宅配弁当