イオン(トップバリュ)の冷凍弁当「チキン南蛮と高菜ごはん」を食べました

イオン(トップバリュ)の冷凍弁当「チキン南蛮と高菜ごはん」

メニュー

・高菜ごはん
・チキン南蛮
・だしあえ野菜

栄養成分

エネルギー469kcal たんぱく質19.2g 脂質12.6g 炭水化物71.7g(糖質67.8g 食物繊維3.9g) 塩分2.3g

アレルギー 卵、乳成分、小麦、ごま、大豆、鶏肉

値段 321円(税込)

 

こせたん
どうも!宅配弁当ライターのこせたん(@kosetan2018)です!

今回食べたイオンの冷凍弁当「チキン南蛮と高菜ごはん」ですが、つ、ついに近所の「アコレ」で売っているのを見つけてしまいました!

なぜ「!」などと大興奮しているのかというと、小型のスーパーでイオンの冷凍弁当を発見したのが、生まれて初めてだからです。

「生まれて初めて」も、「オーバーだなあ、こせたんさんは。」と思われるかもしれませんが、僕的にはこのくらいの衝撃なんです。

これまで、イオン系の小型スーパー(中型/大型スーパーも)を見かけるたびに「冷凍弁当は売っていないかな?」と冷凍コーナーをくまなくチェックしていました。

よほど時間がない時以外は、スーパーに入ったら必ずチェックしている感じ。

おそらくトータルだと100店舗以上は見ているんじゃないかな。

3年くらいのチェック歴でです。

そんな中で、初めてぎりぎり小型スーパーと言える大きさのお店でイオンの冷凍弁当を見つけました。

今回見つけた「アコレ」や、「まいばすけっと」などではほぼ諦めていたんですが、ニップンの「いまどきごはん」なんかはたまに売っているので、くまなくチェックしていたかいがありました。

そんなわけで、みつけて大興奮しましたが、その時は買いませんでした。なんでやねん。

だって、溶けかけていない綺麗な写真を撮りたいんで、買う時はクーラーボックスの持参がかかせませんから。

というか、たまたまですが、同じものを大型のイオンで買って、すでに冷凍庫に入ってましたから。

全部ではないですが。

「アコレ」で売っていたのは、321円の無おいしさと糖質のバランスシリーズではない)無印のご飯付き弁当が3種類。

やはり、ご飯付き弁当が売れ筋なんでしょうか。

値段の安い方が売れ筋なのは想像がつきます。

多分、最近になってアコレで売り始めたんじゃないのかな?

これは人気が出そうです。

 

それでは、今回食べたイオンの冷凍弁当をレビューしていきます。

まず、メインの(だと僕が思う)高菜ごはんは超たっぷり。

細かく刻んだ高菜や椎茸、たけのこが入っていて、ごまで香りが付けられています。

 

ちなみに、冷凍状態のビジュアルはこう。

 

しっとりしつつ、べたつかないパラパラさもあるちょうどいい食感です。

321円でこのクオリティはすごい。さすがニップンが作っているだけありますね。

また、かなりうす味なんですが、何とも言えない新感覚な塩加減でした。

そのまま食べるとほとんど塩加減を感じません。でも美味しっちゃ美味しいレベル。

おかずと一緒に食べても、おかずの味をじゃましない。

ごまの香りがいい仕事をしています。

僕のセンスで言わせてもらうと、やさしい味付けを通り越して、珍しいというか新しい塩加減でした。

うす味だけど、ただのうす味じゃないという感じ。

 

チキン南蛮には、かなり甘辛いタレがかかっているというか、ついていました。

写真のように上にタルタルソースがかかってします。

 

そして、横から下にかけて、甘辛だれもたっぷり。

これ、自分で好きな量を付けて食べられるように作ってあるのかな?

だとすると、わざとつけずに食べれば、全体の塩分を2.3gよりも少なくできますね。

 

ほど良い脂っこさで食べ応えがありました。量もけっこうあります。

高菜ごはんと一緒に食べるとベストマッチでした。

 

ちなみに、チキン南蛮の冷凍状態はこんな感じ。

 

だしあえ野菜は箸休め用かと思いきや、しっかりしたものでした。

 

いやいや、繰り返しますが321円のクオリティじゃないですよ、これ。

 

パッケージの赤い色は、イオンの冷凍弁当の中でも321円の無印シリーズ+ご飯付きを表してます。

 

アルミの袋の中に、ラップがかかったカチンコチン状態のトレーが入っています。

 

500wで6分を目安に温めて完成。

 

パッケージ裏面には原材料表示や温め方の注意などが細かく書いてあります。

 

こせたん
ごちそう様でした!

物価高の中でも321円(税込)を値上げせず、さらにクオリティも高く、かわけ分かんないレベルのコスパでした!

 

-イオン・トップバリュの冷凍弁当

© 2023 こせたん宅配弁当