ヘルシーな外食を模索!

ロイヤルホストに意外なヘルシーメニューがありました

ロイヤルホストにヘルシーなメニューがあると聞いて

ロイヤルホストと言えば、ステーキ・ハンバーグとカレーのメニューが多いファミリーレストランです。

ファミレスにしては少しお高めというイメージがあるチェーンでもあります。

そんなイメージのロイヤルホストですが、そのイメージに似つかないヘルシーなメニューがあるという情報を得たので、いただいてみることにしました。

 

今回はロイヤルホスト立石店さんに行きました。

 

店内は広々です。

平日の20:00くらいに到着したのですが、お客さんは席に対して10%~20%くらいでした。

平日なのでこんなもんかな?

ロイヤルホストさんはファミレスとしては高級なイメージがあるので、安さを売りにしているファミレスよりはお客さんの数は少なくなるのかもしれません。

落ち着いて食事をいただきたい場合はいいですね。

 

窓際の席に通してもらって、さっそくメニューを見てみます。

豪勢なステーキのメニューが多いようです。

ハンバーグのメニューも多いですね。

 

そんな中、お目当ての「雑穀ご飯のメニュー」を発見!

こちらのメニューだとカレーメニューと一緒になっていますが、ホームページのメニューだと「雑穀ご飯を使ったメニュー」として独立したページになってます。

僕は「十八穀キーマカレー」を注文。

一緒に来た連れは「彩り野菜のスープ仕立てごはん~十八穀米・レンズ豆・グリルチキン」を注文しました。

 

サラダメニューも豊富でした。

こちらのメニューにはのっていない期間限定?のメニューの「ケールサラダ」を注文してみました。

「ケール」は青汁の材料として有名ですよね。どんなお味なんでしょうか。

 

まずは、そのケールサラダが到着しました。

見た目は普通ですね。

ケールってこういうお葉だったんですか。

アップで撮ってみました。

お味は、なんとも言えないですね。

僕の感覚だと、パセリに似ていると思いました。

嫌なお味ではなかったです。この味ならば、十分に美味しくいただける感じでした。

 

ケールを味わっている内に十八穀キーマカレーが到着しました。

見た目はかなりヘルシーです!

お野菜&お野菜的なカレーですね。キーマカレーなので、ひき肉は入っているでしょうが、量は少なそうです。

お野菜が若干ショボイかな?・・

トマトは中身を取ってあるみたいですね。

まあ、こういうのはチェーン店であっても店舗次第で結構変わってくるところです。

カレーをかけてみました。

い、意外と下の方にひき肉が入ってました。

これで、まだ全てのカレーをかけてません。食べながら、途中でカレーを足しました。

 

見た目から想像できるように、こちらのメニューはかなりヘルシーでした。

ロイヤルホストでもこんなヘルシーなメニューを出すのですね。

栄養価などの発表数値はこんな感じです。

エネルギー553kcal たんぱく質18.0g 脂質21.6g 炭水化物75.0g 塩分1.9g

です。

お値段は980円(本体)になります。

 

塩分が1.9gというのは、「減塩食」と言っていいレベルです。

凄いですね。ガチのヘルシーメニューです。

 

いただいた感想としては、やはり薄味だと感じました。

物足りないくらい薄味かというと・・・

「ロイヤルホストみたいな肉肉しいファミレスでも、こんなヘルシーな料理出すんかい!」と大興奮しながら食べてたので、正直どのくらい薄いか直感的には覚えてないです・・・

す、すみません・・・

カレーの辛さはそれなりにありましたし、十八穀ご飯も美味しかったので、物足りないと感じることはないんじゃないかと思います。多分。。実際に食べて来たのに、多分。。

 

もう一つの注文したメニュー「彩り野菜のスープ仕立てごはん~十八穀米・レンズ豆・グリルチキン」はこちらになります。

緑色のが「レンズ豆」のようです。

レンズ豆はなかなか栄養価の高い豆のようで、カレーに入れる豆としてはメジャーな食材らしいです。

こちらは真ん中に鶏肉が乗っているので、先ほどのキーマカレーよりは肉分がありますね。ロ、ロイヤルホストなのですから、少しでも肉はのってないと、ですね。

こんな感じで野菜スープが付いてきて、これをかけていただくらしいです。面白いですね。

 

スープをかけると、こうなりました。

少しもらっていただいてみたところ、こちらも相当にヘルシーなお味でした。

こちらの栄養成分は

エネルギー637kcal たんぱく質31.8g 脂質21.9g 炭水化物73.5g 塩分2.4g

です。

お値段は1080円(本体)になります。

キーマカレーよりはカロリーが高くなっていますが、これは鶏肉のたんぱく質が増えた分のエネルギーです。

炭水化物や脂質の量はほぼ変わってません。なので、相当ヘルシーな料理だと言えます。

さらに、こちらも塩分が2.4gと外食の料理とは思えないくらい減塩になってます。

 

スープと十八穀ご飯を一緒に食べると、野菜の甘さと穀物の味が相まって、とてもやさしいお味になりました。

これはいいですね。

か、完全に、僕が模索している「ヘルシー外食」に当てはまる料理です!

 

十八穀キーマカレーと彩り野菜のスープ仕立てごはんの両方に使われていた「十八穀ご飯」が良いお味でした。

この十八穀ご飯は、ロイヤルホストの全メニューの「ライス」と変更(+50円)が可能らしいです。

全メニュー共通のものなので、ロイヤルホストさんが気合を入れて開発した雑穀ご飯なのでしょう。

大戸屋でも「五穀ご飯」に全てのご飯が変更可能でした。ライスが雑穀米に変更可能、という外食店が増えてきているようです。

もう一度同じことを言わせてもらいますが、全メニューに共通のライスと変更可能の雑穀ご飯などは、その店の料理の評価と直結するので、とても重要な位置付けのはずです。

そのチェーン店の威信をかけて、美味しいものにするのではないでしょうか。

大戸屋の五穀ご飯も、今回のロイヤルホストの十八穀ご飯も、とても良い感じでした。

 

ロイヤルホストの感想

今回いただいてみた、「十八穀キーマカレー」と「彩り野菜のスープ仕立てごはん~十八穀米・レンズ豆・グリルチキン」は、どちらも相当なヘルシーメニューと言えました。

特に塩分の低さには驚きました。

ファミレスでは家族連れ客などの中で「重いものは食べたくない(食べられない)」というメンバーがいるのを想定して、たとえステーキやハンバーグが売りの店でも、ヘルシーなメニューも一応用意するのでしょうか?

ロイヤルホストさんには「雑穀ご飯を使ったメニュー」として、今回の2つのメニューと、もう一つ「雑穀ごはんとたべる国産豚と野菜の甘酢ソース」というメニューがありました。

こちらも、メニュー写真や栄養成分をみる限り、相当ヘルシーなメニューのようです。

ただ、これらのメニュー以外では、ヘルシーそうなメニューはあまりありませんでした。

ロイヤルホストさんは、ヘルシーメニューの数は少なそうです。

しかし、数少ないヘルシーなメニューは、相当ヘルシーなものになっていた、というのが僕の感想です。

 

それと、ランチメニューには「低糖質パンランチ」と題した、ヘルシーなランチがいくつかありました。

こちらも、栄養成分などのスペックを見る限り、相当にヘルシーな内容になっているようでした。

また「低糖質パン」は「十八穀ご飯」と同様に、全てのパンが付くメニューのパンと変更ができるようです。

機会があったら、こちらも試してみようと思います。

-ヘルシーな外食を模索!
-, ,

© 2020 こせたん宅配弁当